起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

忘年会は楽しむ場所! これやられたらドン引きする「3つのイベント+α」

12月入り、忘年会シーズンも徐々に本番入ります!

1年の締めくくりの宴会ということもあり、
楽しく派手に盛り上がることは大いに素晴らしいことである。

そんな中、
忘年会でよくあるドン引きする「3つのイベント+α」を公開する。

 

1)隠し芸

よくあるのは、隠し芸であるが、
特にやって欲しくないのは「本人が好きでもない」のに、
上司の満足のために強制されること。

上司のあなたは満足するだろうけど、
やる側にとっては公開処刑、拷問に付される気持ちで、
結果、参加者側は、楽しい忘年会から遠ざかり、
以降の宴会も足が遠のくものである。

ハッキリ言って
「テメーの自己満足でやられちゃ困るんだよ!ヴォケ!」
テメーの道具じゃねぇんだから。

 

2)ビンゴゲーム

ハッキリ言って、
ビンゴゲームで何が困るのかというと、
賞品がショボかったり、欲しくないものを頂いた場合。

100円ショップで買えるような商品を頂いても、
本人の内心は「嬉しくも何ともない」ことがほとんど。

更には、終了まで時間がかかる場合も。

このイベントのために、
賞品購入費用で参加費をアップさせ、準備まで行う。
本当に廃止し、参加費を減らした方がずっと良い。

 

3)カラオケ大会

カラオケについて、好きな人と嫌いな人がハッキリしている。

またカラオケは好きでも、
「大会は嫌い」という人や、「少人数ならOK」という人なども多い。

そんな素人のカラオケは聞きたくもないという気持ちがほとんどで、
参加強要されるのは、ナンセンス。

やるんなら、
二次会以降で好きな人たちで盛り上がればいい。

 

大きくは3つであるが、
イベントではないが、これは困るということを一つ挙げておく

 

番外)一気飲みの強要、泥酔するまで飲む

 

どうしても忘年会だと、
普段飲まない人が「タガが外れたように飲む」という人がいる。

一気飲みは、
急性アルコール中毒になる危険が高いので、絶対に慎むべし。

実は私も20代の時に、一度だけ急性アルコール中毒やったことあるが、
これ以降、飲む量を考えることが増えた。

 

あと「泥酔するまで飲む」のもアウト

泥酔して帰ると、必ず大迷惑がかかる。
タクシーや電車だと、駅員や乗務員に迷惑をかけ、
声かけても起きなかったら、警察官を呼ぶケースも。

あと、泥酔のあまり嘔吐されると、
清掃する時間などに費やされ、相手の機会損失を与えることになる。

これらの行為をやった輩はハッキリ言って、最低かつクズの極みで、
仕事する側にとっては本当に大迷惑以外何者でもない。

なので、飲む人はある程度意識してほしいのと、
勧める側も相手の雰囲気を察して、アルコールは勧めてほしい。

 

もちろん未成年や、運転者のアルコールは厳禁です!
百害あって一利ありません!!

 

ということで、楽しい忘年会ライフを!