起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

退職代行サービスを安易に使うのは人間のクズだ!最後の最後まで考えろ!

最近出ている退職代行サービス。

はっきり言って「安易に使うのは人間のクズ」である!

仮に止むを得ない場合でも、最後の最後に使う手段である!

 

最近出ている「退職代行サービス」というのは、
退職の申出をあなたの代わりに行うというものだが、
いわゆるブラック企業など、

「退職を申し出ても、あらゆる手段を講じ退職させてくれない」

という悩みから出たサービスである。

 

ところが最近「やはり」といわんばかりに
このサービスを安易に使う人がいる模様である。

たとえば

「仕事が溜まりきって、同僚・上司にも言えず、どうにもならなくなった」
「(諸事情などで)上司にいうのがイヤだから」

などの理由である。

 

サービス自体使うのは、あなたの自由であり、選択である。

しかし、これを使うということは
「会社への裏切り行為」になることを覚えるべきである。

また、同僚などに黙って去るんだから
「人間関係の断絶」を宣言することになり、
更には、未済書類はすべて誰かが引き継がれ、大迷惑を被る。

もし、完全に関係を断絶し一生会わないというなら、それでいい。
少しでも関係を残したいというなら、使わない方がずっと良い。

 

また、このサービスを安易に多用すると、
あなたは再就職が難しくなるであろう。

なぜなら、
個人情報以前に、あなたの行動を見ているから。

 

最悪の場合
「この人、退職代行サービスで退職しまくってるんだ・・・」

と企業から冷ややかな目で見られ「陰湿な人間」となり
採用は急激に難しくなるであろう。

 

退職については、
きちんと筋を立てて、会社の上司に申し出て手続きをすること。
もちろん、退職希望前に。

そして円満に退職処理をするのが一番である。

 

もし仮に、本当に会社側の問題(特に違法行為)がある場合は、
情報を収集し、証拠を抑えるべきである。

たとえば、タイムカードで出勤退勤時間のごまかしなら、
手帳に時間を書くというのも方法である。

また、労働法に関して強い人に相談して対応するのも手である。

 

使う前に、必ず「メリット」「デメリット」両方を分析してから
選択をして欲しい。

以上