起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

Facebookの友人申請、相手側のルールを無視するのは、無断で玄関に土足で上がるようなものである

Facebookの友人申請、
相手のルールを無視して片っ端からやる人に「まともな人はいない!」

これは無断で玄関に土足で入って、汚すのと同じである。

 

Facebookの友人申請について、
やり方についていろいろと話題になっている。

 

特に多いのが

「友人申請の考え方」

である。

 

結論から先に言うと、
「あくまでも本人の考え方次第」というのが答えだが、

申請の際に、ルールを書いている場合は、原則従うべき。
(リアルの場で直接やりとりしている場合は別にしても)

 

現在、私のFacebookについて友人登録申請の承認条件は

メッセージの有無は不問
共通の友人や所属グループ、プロフィールなど拝見して、
スパム系やお金儲け(投資など)のアカウント、謎の外国人以外は承認している。

内容が乏しかったりすると、却下することもしばしば。

 

現在のルールに至った理由は、
一昨年当時、登録数が1500人いた割に、リアクションなど少なすぎるためだった。
そのため、友人登録を大規模整頓し、900人まで減らした。

Facebookは友人登録数の16%しか見れていないなどの情報もあるが、
これはあくまでも非公式情報なので、論拠として説得力はゼロとし、
参考としている。

 

現在は1550人近い人が友人登録しているが、いまは「量より質重視」。

適宜、金儲けやスパム系とわかったら解除やブロックする。

また、承認しても
リアクションがないなど、友人数稼ぎ目的の場合も同様に処置している。

おかげさまで現在は、
数年前と比べて、リアクションが増えたと感じております。
(リンク投稿は除く)

 

 

ちなみに私の方からの申請は少な目です。
基本リアルでお会いしたことある方か、私が一定の分野で関心ある方がメイン。
でもって、数日経っても無反応の際はリクエストを取り下げる。

そういうスタンス。

 

中には質より量主義で「5000人最大登録が当たり前」的に言う人もいる。
これは選択肢なので、否定する気は毛頭ない。
ただ私は「繋がりを重視したい」ので、
目的なく、無意味に集めるというのは、単なる烏合の衆になるのでやりたくない。

 

あくまでも申請の際は、
一度「相手側のルールをよく確認してから申請」してほしい。

片っ端から友人登録したいのであれば、それは本人のことなので自由だけど、
相手も却下するのは自由である。

ただ、相手の価値観や考え方を無視して申請するのは、
ほとんどの確率で不快感を買うだけで、
晒し者や、スパム報告の対象になるので、やめた方がいい。

 

特に日本人は、日本語読めるので、サルでもわかるはず。
最近、日本語読めない日本人が増えているのが不思議な限りである。

 

まあ、そういうセコイ奴らは、ビジネスなど成果が上がらないでしょう。
所詮、低レベル人間廃棄物(=人間のクズ)だから。