起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

今後ますます増えるであろうバラマキ企画による広告効果 〜年末年始のお金バラマキ企画で思うこと〜

最近、大金バラマキ(表現は不適切かもしれんが、ご了承を)で
話題を作る人が増えた。

 

まずは昨年末

・PayPayで100億円バラマキ企画

購入金額の20%分還元で、最大5万円。
当たりを引いたら、最大10万円という企画。

これにより10日間で100億円分バラマキ、企画が終了した。
とはいえ、これだけで数倍の経済効果と購入促進を自動的にもたらした。

 

・0円タクシー50台を都内に走らせた

18.12.5〜31の間、日清食品とDeNA共同の企画
主にDeNAの配車アプリMOVのキャンペーンである。
7時から22時まで、貸切での運用だが、これだけで約6,600万円の費用である。
*6,600万円は私の独自調べ

 

そして今年

・新年の初セリでマグロが3.3億円で入札

毎年恒例の初セリ、
大手寿司チェーン店の社長がご祝儀相場として約3.3億円で落札
その後、自らマグロをさばいて、販売した。

 

・ZOZOの前澤社長が、個人的に1億バラマキ企画

つい最近あった企画で、100名に100万円をプレゼントするというTwitter企画。
これだけで550万人以上がエントリー資格を得て、予定通り抽選結果が発表された。
更には偽アカウントまで出てきて混乱も残った。

 

共通しているのは、
広告費を大きくかけることと、表に見えやすいこと。
どんなに大金をつぎ込んでも、表に出ない広告は無意味である。

 

また、情報も相手から好んで取材している限り、
無料でネットに公開されるので、余計な費用もかからない。

 

思うのは今後こういう方法があらゆる形で増えていくであろう。

そんなことを感じた。

 

以上