起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

写真撮影でルール守れない方のお情け頂戴は「お断りします!」

私の写真撮影、特に初申込者は
支払期限など、ルールが守れないのは、容赦なく断ります!

 

先日、写真撮影について相談があった。

その方は、元旦に問い合わせフォームで問い合わせされ、
即日返信するも、5日にメールが来た。

この時点で、何か疑わしい空気を感じた。
理由は簡単で、即日返信したら、
遅くても翌日までにはアクションがあるはずだから。

 

しばらくして、
5日に電話とメールがあって、何度か打ち合わせをし、
撮影の方向で進め、16日にヒアリングも行なった。

クレジットカード使うという旨申し出があり、
基本私の撮影は、料金前払制ということも伝え了承した上で、
支払に関するメールを1月16日に送った。

支払期限は、基本撮影日3日前までに決済完了をルールとしている。
なので、今回は18日までである。
決済代行を使うため、
普通なら、URLクリックして入力すれば、支払がすぐにできるはずである。

 

ところが彼女は、支払日になり、
一切請求書を開封していない上(私の方で調べたらわかります)に、
支払の件で遅れるなら一言連絡すればいいのに、それすらなかった。

恐らく、
「遅れてもお情け頂戴で何とかなるだろう」という発想があるかと。

しかし私の場合は、容赦しません。
ましてや初申込者なので。

・・・ということで、支払期限切れとなり、
早朝、自動キャンセルの旨メールを送った。

 

f:id:enjoy-eagle:20190119124536p:plain

キャンセル連絡文面

送ってしばらくしてから、メールを見たのか電話があった。
もうすでにメール送った以上、
お情け頂戴の話自体私は聞きたくないので、毅然と説明し終了。

謝罪があったことも含み、氏名の公開は控える。

 

過去に「撮影代金安くして」と言ってお情け頂戴を聞いたら、
最後は痛い目に遭った。
だいたい、そういうふざけた人ほど、
撮影時になるとあれこれと文句を言うのがお約束である。

 

私の場合、
遅れるのであれば「支払期日までに連絡欲しい」だけ。
特に、初申込の際はルールを守って欲しい。

 

ましてや彼女は看護師という職業だけど、
ルーズなやり方の仕事は許されないし、
もっというなら、そういう人は人命を預かる仕事はするべきではない。

これから独立するらしいが、
まずは個人事業のマインドからやり直すべきである。

 

あと、私の写真撮影はお客様の質を重視している。
こういうルーズな人の撮影はやりたくないのが本音だし、
撮影しても良いものはできない。

自分の心を消耗してまで、売上を追う気はない。
撮影レベルを知っていただき、
私の価値観をご理解いただける人とやっていきたい。

そういうことから、ヒアリングを行うし、前払制を使っている。

慈善事業や、お遊びじゃないんだから。

 

異常であるw