起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

読まれるプロフィール文は400文字以内がベスト! 〜かさこ塾再受講より〜

理由は簡単。
長いプロフィールは読まれないのと、
ブログサービスなどでは、プロフィール文の文字数が制限されているため。

 

今日はかさこ塾(2回目)の再受講に参加したが、
プロフィールについて感じたことです。

実は今年に入り、プロフィール作成を始めた。
(*いまは、プロフィール写真撮影利用者限定で無料提供中。ある程度書き慣れたところでモニター予定)

そういうことから、改めて学び直そうということも含んで参加した。

ということで、
「簡易的な自作プロフィールを作る際のポイント」をいくつか。

 

f:id:enjoy-eagle:20190122211316j:plain

プロフィール書く前の大前提とは?

まず相手は基本「あなたのことに関心がない」
これから始まる。

しかし、
相手が何らかの繋がり(特にビジネス)で関心を持った際、
「どんな人だろうか?」と、あなたのプロフィールを読むことになる。

ここでプロフィールを読んで、
たとえば幼少期から今までを延々と長く語られても、
読む側は途中から「もういいわ・・・」となって、機会損失になる。

とはいえ「プロフィール文なし」だと、
相手は「こいつどんな人かわからんわ!」となってしまう。

そういう意味から、プロフィールも重要である。

 

プロフィール文の文字数と2つの理由とは?

基本、
プロフィール文は「400文字以内」がベストと言われている。

理由をいうと、
相手が読むには十分な量と、
ブログサービスなどではだいたい300〜400文字という制限があるため。

そのため、
事前に用意しておくことで、活用しやすくなる。

あとは、文字数に合わせて修正するだけだが、
文字数が減った場合でも中身の整頓がしやすい。

 

あと大切なのは「相手に伝える」ということを前提に作ることが基本。

あくまでも自己紹介ではないので、気をつけておく。

 

プロフィールを書く際抑えると良い項目

肩書、生年月日、出身地、住所、学歴(大卒、高卒など)、趣味
の記載はあると良い。
(状況、ターゲットに応じてアレンジ可)

次に今のビジネスに関するストーリーだが、
現在に至ったことを時系列で書く。

なお、ビジネスにおいて実績がある人は、
実績と数字、お客様からの評判などを入れる。
しかし、実績がない人は、ストーリーと熱意を入れて、
後でお客様からの評判を入れるという手段はあり。

文字数が決まっているので、
いまやっていることと、無関係なものは書かないのがベスト。

まずはそんな感じで作っていき、随時改善を加える。

これだけで、かなり違いが出るはずである。

 

ということで、ぜひ作ってみよう^^

以上