起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

中目黒駅での人身事故報道に「異議あり!」

先日(19.1.22)の朝、中目黒駅で電車と接触し死亡事故というニュースを見た。
原因は特定されてないが、今の風潮は
インフルエンザでフラフラした状態での事故だった模様である。

今日も、テレビでは事故の関係で報道しているが、
違和感を感じた。

 

インフルエンザに関するリスクや予防法の話がメインだけど、
それは知っているし、あらゆるところで情報が流れている。

もっと関心を持っていることがあるが、いまだに報道されない。

 

それは・・・

 

「どうしてインフルエンザなのに、彼女は出社したのか?」

 

である。

一般的にインフルエンザは、伝染病の一種であり出社停止である。

また、タクシーなどの公共交通機関も乗車を断ることができる。
(法的であるが、現実的には「本人が言わない限り無関係に乗っている」という現実はある)

 

それなのになぜか?

予想されるのは2つ

 

「自主的に無理に出社したのか?」

それとも

「会社側が無理に出社させたのか?」

である。
インフルエンザの有無は問わない。

 

前者の場合は、自己管理の問題が強くなってしまうが、
後者の場合は、亡くなった方の勤務先はブラック企業ではないか?

の疑いである。

でもって、
前者だったら過剰報道で、死亡事故のこと言う必要自体なく、インフルエンザの予防とリスクだけ言えばいいこと。
しかし後者だったら、そっちの問題を切り込んで欲しいところ。

 

要は私が一番関心あるのは、事故が起こったことではなく、
「事故に至った過程」である。

インフルエンザに気をつけようとか、予防法はあらゆる形で流れている。

最近は偏向報道が激しいマスコミだが、
ぜひ切り込んで欲しいと私は感じたのである。

 

以上