起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

クラウドファンディングは「自腹を切る」覚悟できないのは単なる迷惑である!

先日こんなクラウドファンディングがある方の情報から知った。

職人として建築業界で働く女性の写真展を東京で開催したい! - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

 

一見すると格好良いし、素晴らしい企画である。
さらにコンセプトを具体化するともっと関心を抱くと思う。

 

しかし、今回のプロジェクトの中身を見ると、
大きな違和感を感じた。使い道は次のとおり。

 

作品撮影にかかる経費(交通費・ギャラ等)
写真展開催費用(会場費宣伝広告費印刷費用等)
オリジナルカレンダー制作費
フォトブック制作費
販売用写真印刷費
その他雑費

 

である。

はっきり言って、「ふざけるな!!」と言いたい。

カメラマンのほとんどは、撮影から写真展まで自腹で、
多くは作品を販売している。

 

これを見る限り、
「自ら開拓しようという気概がなく、お金もかけませんよ」根性が丸見え。

 

さらには、このクラウドファンディングは「All or Nothing」方式といって、
要は「満たさなかったら計画は実行されない」し、お金もゼロとなる。

更に裏付けとして実施スケジュールでも書いている。
「目標未達成の場合は途中で打ち切ります」という言葉。

 

・・・完全に「集まったらやります!」という

覚悟も責任感もない、まさに「自己中心的」なプロジェクトである。

 

もし本気でこういうことをしたいのなら、
「All-in」方式でやるべきである。
(*目標の「達成」「未達」関係なく、全額頂ける方式)

もし未達なら不足分は自分で負担する。
そこまで覚悟するべきであり、できない人は写真展はやるべきではない。

あと、顔写真も非公開で「あんた何様!?」と思う。

 

撮影経費だって、
本気なら頼み込んで、無料撮影する覚悟で協力者を増やすべき。
また、そういう建設関係のスポンサーを作った方がずっといい。

愚の骨頂もいいところだし、クラウドファンディングに出す以前の問題である。

もっとプロジェクト自体考え直すべきである。

 

直接来たわけではないが、もし協力依頼が来たら私は言うだろう

「心を洗って、40秒で出直しな!!」と。

 

異状である。