起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

「好きを仕事に」かさこ塾が残り15回で終了です! 〜なぜ地元開催希望を出したのか?〜

「好きを仕事に」のかさこ塾だが、
あと15回(実質開催可能枠は残12枠)で終わる。

 

そんな中、
Facebook地方開催希望グループで
「北海道帯広市開催」の希望を出した。

実は、私の中では開催希望は2020年に考えていた。

 

昨年、別な方の主催で帯広2時間ブログ術を行なった時は9名だった。

参加者9名というのは致し方ないと感じた。
実際私も何度かイベント主催するが、一人の力では限界が起こるというのと、
地元の人間的特性も重なった。

 

ということから、
仮に「かさこ塾を帯広で開催!」ということを考えるなら、
2019年もブログ術で昨年よりも多く集めてから行うのが真っ当な流れだと感じた。

 

ところが、その計画があるアナウンスによって変えることになった。

つい先日、塾長から「かさこ塾は100期で終了」という公式発表。

 

現在85期が開催中で、これから開催が2箇所(名古屋、東京上野)
開催予定が1箇所(富山)となり、残り枠は12箇所となった。

ここ以外で開催の可能性が高いと予想(よしだの独断)されるのは、
大阪、札幌、広島、横浜鶴見、東京(代々木か上野)の5箇所で、
残り枠は7つと思った方がずっと良い。

 

もちろん、帯広市開催希望が叶わないというオチも十分予想できる。

しかし「立候補しないと誰も動かない。」
ということから、
地元出身者であり卒業生である私が、いち早く開催希望を出したのである。

もちろん、開催された際は4回目のラストは帰省兼ねて再受講します!
(2〜3回目は未定だが、毎週通うのはハード)

 

北海道は「全国でも一番広い面積」を持っている。

希望している場所を見て思うのは、
東京都や周辺3県は、ある程度までは集約可能
なので東京(代々木・上野)、横浜鶴見で十分ではないかと。

 

東京都多摩市(多摩センター)、さいたま市(大宮)は個人的に論外。
電車で都心に十分行ける場所。
それなら逆に、
少し遠い川越市や相模原市橋本(八王子)の方がまだ良いかと思う。

 

ただ北海道となると話は180度変わる…
札幌以外で今回開催希望を出している函館、釧路、帯広については

 

札幌からの距離は

函館:約310キロ(道央自動車道使用)
帯広:約200キロ(道東自動車道使用)
釧路:約300キロ(道東自動車道使用)

 

帯広から釧路でも、約121キロ(道東自動車道使用) である。

JRがあるも、基本車移動なので、札幌集約というのは難易度が高い。
冬季間だと、なおさらである。
さらにはJR内は新幹線がなく、特急メイン。(新函館駅まで)

 

どこまでできるかわからない。

ただ、何もしないのは自ら不戦敗宣言するようなもの。
不戦敗するなら、
戦って負けた方がずっとマシ(もちろん開催実現が一番です)。

とはいえ、一人の力は限界が出る。
ましてや私は東京在住で、毎週帯広でオフライン活動というのは現実的ではない。
そのためネット発信がメインになる。

 

なので、昨年帯広でブログ術主催した方はもちろん、
札幌、函館の塾生、そして釧路の招致希望者も勝手に巻き込んで、
「情報を広く発信する」というやり方を選んだ。
迷惑かどうかはわからない。

これによって、
他が仮に増えたとしても、それは良いことと思う。

結果はどうであれ、まずはやっていこう。そう感じた。

 

実際私がかさこ塾受講によって、いろいろと変化を感じたから。
発信力というものから、楽しむということなど。

 

ということで、かさこ塾北海道開催希望の際は
Facebookグループからリクエストしてほしい。
北海道は、札幌市、帯広市、函館市、釧路市の4箇所が名乗り上げてます!

https://www.facebook.com/groups/646466019104545/

(リクエストの際、冷やかしではなく、「参加します!」という気概持ってください)