起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

「ミラーレス一眼レフカメラ」に関心が向かない、たった一つだけの理由とは?

ファインダーが「液晶デジタル」だから。

まあ「昔かたぎ」だと言われるとその通りである。

 

ネガフィルム撮影当時は、当然カメラもアナログファインダーだった。

20代に一度、一眼レフを手放しつつも、
コンパクトデジタルカメラを使っていたが、
ファインダーが液晶というだけで、本当に見づらいし、
タイムラグが計算できない。

撮影の際は、
ピント合わせ、構図決め、シャッターボタンを押すという流れだけど、
液晶だと、特に動体撮影の場合上手くいかない。
なんていうか・・・あの「微妙なカクカク感」がとってもストレスになる。
どんなに性能アップしても、これは変わらないであろう。

今も普段の撮影は、ファインダー撮影が基本で、
液晶画面からの撮影は俯瞰(ふかん)撮影で数枚程度やっているも、
ほとんどがパソコンのゴミ箱行きです。

 

つい先日、家電量販店でミラーレス一眼を触れたが、
ファインダーが液晶画面だった。

性能はアップしているだろうけど、やっぱりワクワクしない。
やはりファインダーはアナログが基本です。

動体撮影は本当に強いので^^

 

それでも今後は、手軽さも含みミラーレス一眼が増える。
交換レンズも揃ってきたので、デジタル一眼と対等に戦えるでしょう。

もし購入するなら、
「撮影目的」から買うかどうか考えるのも一案かと思う。

 

私の意見としては・・・
バリバリの動体撮影(祭り、レースもの、ダンスものなど動きが激しいもの)は
デジタル一眼レフ。

それ以外がメインなら、ミラーレス一眼がいいと思う。

 

ぜひ参考にしてほしい。

以上