起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

デジタル一眼レフカメラやレンズはレンタルでもいいが、購入を前提にした方がベストである!

私の場合は、基本「購入主義」です。
しかし、
機材トラブルや、購入前の試し撮影、
どうしても必要なレンズ(買うと高額になるものなど)がある場合は、
レンタルします。

 

写真撮影をビジネスにするとなると、
「デジタル一眼レフカメラを購入しないとビジネスできない」
という発想が真っ先によぎる。

 

しかし、これについて結論をいうと・・・

「なくてもレンタルでどうにかなります!」

もちろんビジネスの場合、技術が必要という大前提です。

 

とはいえ、今後のことを考えると、
レンタルするよりは、自己所有の方がずっといい。

違うたとえだが、ボウリングでいうなら
「ハウスボール(ボウリング場に常にある球)」と「マイボール(自己所有)」
と考え方は同じである。

 

ここで、自己所有とレンタルの
メリット・デメリット(順不同)を箇条書きに列記してみると。

 

自己所有

・自分自身のクセや感覚などが身につくのもあり、撮影時もかなり使いやすい
・突発の撮影依頼でも安心できる
・所有レンズとカメラ本体は、売り切れがないので、自由にいつでも使える
・費用が初心者機種でもレンズセットは10万円以上かかることが多い(新品の場合)
・自宅のスペースを使う(常備するので)
・レンズ沼に落ちる人が多い(笑

 

レンタル

・第三者が使っていることもあり、撮影時の感覚が借りるごとに違う
・借りる際、宅急便送付などの関係から計画的に行う必要がある
・店頭レンタルもあるが、いちいち出向く手間がかかる
・場合によっては商品切れ(全部レンタルされている)の可能性がある
・必要時に借りるので経済的で、宅急便送付も可能
・いつでも必要最低限の組み合わせで撮影ができる
・自宅の場所を取らない

 

 

私が思うのは、もし本体やレンズの購入予算がない場合、
まずはレンタルから始め、
撮影の売上など予算が確保されたところですぐに購入でいいかと。


最近ではビジネス系撮影の場合、2台持ちの方が依頼されやすいようである。
(故障対策として相手側に安心印象を与える)
なので1台購入し、もう一台はレンタルにし、トラブル時の保険用として
撮影に行くのもありかと思う。

もちろん同メーカーであれば、レンズも問題なく使えるはず。

 

ぜひ参考にしてほしい。

以上である