起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

最近、私がモデル撮影会に参加しない理由とは?

色々と多いが、結局は「しょせん自己満足だから」が大きな理由。

しかし、実際写真撮影となると、
身近な撮影の機会で、どこでも必ずあるのが「モデル撮影会」である。

 

「初心者」「撮影会主催者のコンテスト出展」「経験値、技術力アップ」目的なら
参加費はかかってでも参加していいが、それ以外はあまりオススメしない。

どうしてなのかを具体的に説明する。

 

モデル撮影会をオススメしない「4つの理由」

どんなに撮影しても「ソーシャルメディアへの公開制限」の可能性が高い

モデルは基本「事務所所属」の方がいらっしゃる。
そのため、インターネット上などに公開したいのなら、主催者と事務所の許可が必要。
公開できない場合は、結局データだけが残って未活用のまま終了する。
商用利用となると、さらに難易度が高くなる。
仮に運良く使えても使用料を払う可能性も。

昔はダマテン逃げ切りもできたが、
今はネット公開のリスクなどかなり厳しくなって、ルール違反はすぐバレる。

 

大人数が参加すると、思うようなポーズを狙えない

大人数が1人のモデルを撮影するのだから、
当然であるが思うようなポーズを狙えないし、狙ったとしても本当に一瞬が勝負
失敗してもリカバリーがきかない。

 

参加者同士、余計な気をつかう

大人数なので、一人で場所を独占というわけにはいかない。
どうしても交代などするので余計な気をつかう。

 

モデル撮影会の主がいる可能性

いわゆるモデル撮影会だけしか参加しないカメラマンがいる。
でもって、技術は不明で講釈、知識は一流だが、あくまでもその人の主観。
もっとひどくなると、
仕切ってくる可能性もあって、せっかくの撮影意欲を削ぐ可能性も。
なので、合わないと感じたら静かにソッと距離を置こう。

 

以上4つのことを一つにまとめると
「しょせん自己満足だから」という理由である。

でもって、
だんだんと経験値が増えて、あらゆる形で発信したいと思った際、
モデル撮影の経験は表立って使えるのは少ない。
使えてもコンテスト入賞実績くらいである。

 

逆に、以下の理由なら参加をオススメ

初めに言ったが改めて
「初心者」「撮影会主催者のコンテスト出展」「経験値、技術力アップ」目的なら、
参加していいかと。

撮影環境も主催者が用意しているので申し分ないでしょう。

あとは、あなたが撮影に集中するだけだから。

 

特に初心者オススメの方法

もし撮影会の場に、もしプロの先生がいたら、教えを頂くのが一番であろう。
(混み合うだろうけど、黙っても教えてくれないので、そこは積極的に)

プロの先生も、いろんな人がいるが、人物写真に強い人が一番ベスト。
あと個人的には女性モデルなら女性のプロの先生もありかと。
(よくある家電量販店のモデル撮影会は、参加予定モデルと先生が載っている)

おそらく、
ターゲット的に「初級者目線」でアドバイスを頂けるはずだから。

 

撮影に関して言えるアドバイス

いずれにせよ、
今はデジタル撮影なので、あらゆる方向から積極的に多く撮影していい。
撮影後、イマイチと感じたのはデータ削除すればいいから。
(もちろん、データの保管スペースもご用意を)

あとは、観察と構成を少しでも意識すること。

もちろん初心者は慣れないことだが、
普段から、スマートフォンの撮影でいいので、
撮影時に意識しておくと、何もしないよりもずっと違うかと思う。

 

 

以上、ぜひご参考にして頂けると幸いである。