起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

イベント主催の際「案内図は必須」だが、案内図の大切なチェックポイントとは?

イベント当日、交通規制などの有無を調べ、
その案内が問題ないかどうか、必ずチェックしよう!

 

イベントやセミナーなど主催し、会場案内も用意するのは当然のこと。
会場案内自体用意しないのは、単なるヴァカ主催者です。

 

しかし、
会場案内の際、もっと大切なことがあります!!

 

それは

「大規模な行事など、交通規制が入る場合である!」

交通規制が入ると、通行止の餌食になって、
駅から会場の到着が、普段より数倍以上遅れるケースも。

 

たとえば、
今度3月3日(日曜日)に東京マラソン2019が開催される。

コースに触れるエリアは、
交通規制や通行止などが多発し、コース上は横断歩道は100%使えない。
また、地下鉄などの入り口も場合によっては規制される。

そうなると、
目的地は目の前なのに、交通規制により大迂回を余儀なくされる。

 

・・・以上の状況により、案内図通りに行けないケースが多々発生する。

そのため、
代替手段(出口の場所変更や回避ルートなど)を主催者側は用意してあげるだけで、
お客様の満足度をあげることが可能である。
(今でいう「神対応」というものかと)

 

逆に行わないでいると、お客様から
「今日、交通規制に引っかかって時間すごくかかった〜」
という、いらぬグチに付き合わされる。

もし、代替ルートについて心配であれば、
主催者自ら実際に調べることも必要である。

 

ぜひ、イベント主催者はそういうところに、
ちょっとだけアンテナを張っておきましょう!