起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

「横浜御苗場2019」作者不在時のことを考えた作品を考えよう

19.2.28〜3.3の間、
国内最大の公募型写真展「御苗場2019」に出展しました。

初めての出展で無事終わったが、全体的に見て感じたことを。
(近日公式サイト側で出展レポートを作成します)

f:id:enjoy-eagle:20190304200718j:plain


 

 

今回テーブルブースで出展で、3.1と3.3の2日間だけ在廊していた。

 

終わった感じたのは、出す際に「テーマと、何を意識するか?」

これに尽きた。

 

いろんな背景は抜きにして、今回私の場合は、
「ノーテーマ」「ノージャンル」だった。
内容は
「最近の写真と20代前半に撮影した写真」をアルバム形式にて展示した。

また、知名度アップ兼ねて、セルフマガジンを持って帰っていただくこと。

今回は4日間合計で135部、持って帰られました。(在庫計算していたので)
中には内容を見て戻す方もいたので、工夫次第では200部以上は行けると感じた。

 

上記理由から
「入賞狙いというのはそもそも考えてない」というオチである。
逆に、入賞、各賞ノミネートされたブースはどんな感じかをちょっとだけ見て、
撮影した。

 

いずれにせよ、
こうして写真出展できたという充実感と実績が積めるのである。

 

今後というより、来年に向けて考えたのは次の5つ

・完全に「1テーマ」で行う
・ノウハウも必要だが、テーマに合わせた作品選び(少数精鋭型も可)
・完全クリエイト系に持っていくか、観客受けするものを持っていくか
(個人的主観でいうなら、観客投票1位の作品は、完全に観客心理を掴んだと感じた)
・作品も不在時でも何かわかるように伝えるもの
・平凡なポートレートはスルー確定(一つ工夫が必要)

最低限これらの前提を考えておくと、より見る人が増えるのかなと実感。

 

今回はこれで満足である。しかし、次回はレベルアップが前提である。

他の出展者、お客様から指摘なども頂戴したが、次はこれをどう活かすか。

 

もし来年も出展するなら、今日から戦いは始まっている。

そういう意味では、一つ勉強になったのと同時に、
来年も出展を考えようと考えたのであった。