起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

「横浜御苗場2019」見物を少しでもゆったりできる雰囲気は欲しい!

先日の横浜御苗場2019は、国内最大規模の公募型写真展ということであるが、
今日は見物者目線で。

 

私もそうであるが、テーブルエリアの出展者は満足で問題なかったが、
どうやら壁エリアについては、ブース限定で幅の狭さを感じるようであった。

むしろ、私のブースは結構目立つ場所のように感じたので、良かったです。

 

幅の話に入る前に、まずはこの写真から

f:id:enjoy-eagle:20190306105503j:plain

展示スペース間の幅は約3mである

壁と壁の間を歩いてみたところ、幅がおよそ3mであるが、
これはもう少し広げていいかと。

理由は簡単、幅3mといっても、
写真のようにテーブルを置くと、実質お客様が動ける動線幅は2mである。

 

これによって、
見物者も狭さのあまり、ゆっくり作品を見るという環境ではなく、
素通り率が高いし、大判プリントの場合だと見づらいという欠点もある。

 

この狭い幅の問題だが、一部の壁ブース限定である。

大さん橋ホールの仕様の問題もあるかと思うが、せめて、
テーブルが置いてもいいように、「最低でも幅4m」は欲しい気がした。

実際私も通ったが狭さを感じた。

 

これを行うと、出展の枠がどうなるかという問題もあるが、
そこは運営者の腕の見せ所かと思うが、これは考えて欲しいと感じた。

 

以上