起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

ご注意!交通系ICカードでの支払は限度額が誰が何と言おうと20,000円である!

交通系ICカードは、
最大保有残高2万円なので、支払する際はご注意を!

 

交通系ICカード(Suica、PASMOなど)だが、
最近利便性が高まった影響もあり、電車代以外での支払で対応が増えてきている。
コンビニはもちろん、ファミレス、カフェなど・・・

そんな中、今では決済代行でも取り入れている。

 

しかし、交通系ICカードだが、大きな落とし穴がある。

それは「交通系ICカード自体」の「限度額が20,000円である」こと。

 

この限度額、何を意味しているかというと・・・
業種業態関係なく「2万円超える取引での決済」は要注意であるということ。

 

たとえば、3万円の取引の場合は、1回で決済が終わらない。
最低でも2回取引して決済するというやり方になる。

具体的には
「1回目決済→お客様側が一度チャージ→2回目決済」という流れで行う。

 

これは推測論の世界だが、交通系ICカード発行会社は、
電車代、店内飲食、コンビニ利用までは想定していても、
タクシー、その他商取引などそこまでの需要は考えてなかったのであろう。
あとはリスクの軽減。

 

今後の交通系ICカードがどうなるかは不明だが、
個人的には「最大3万円まで」でいいかと思うも、あくまでも発行会社の方針なので、意見は出せても実行するかどうかは別。

 

勘違いしやすい部分なので改めて。
この限度額、決済システムの問題ではなく、交通系ICカード自体の仕様なので、
限度額については交通系ICカード自体方針を変えないとアップしない。

「利用者はくれぐれも注意するように」と同時に、
店舗側もそういう情報をちょこっと頭に入れておくだけで、
違う選択肢など考えられるので、ぜひ参考に。