起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

東日本大震災から8年。昨年見た風景から改めて感じたこと。

今日は東日本大震災から8年。
発生時刻は2011年3月11日14時46分である。

この記事も、あえて14時46分にアップした。

 

昨年9月に大船渡へ向かう途中に撮影した写真をアップする。
(カラー撮影したが、白黒でデータ化)

f:id:enjoy-eagle:20190311080944j:plain
f:id:enjoy-eagle:20190311080948j:plain
f:id:enjoy-eagle:20190311081000j:plain
f:id:enjoy-eagle:20190311080956j:plain

 

これらが、昨年9月下旬現在の現状である。
復興と言われると、徐々に進んでいるとは言えても、
完全復興までは、まだまだだと私は思う。

 

当時、仕事中でラジオで情報を知った。
このとき、東京都内はどうだったのか?

 

・電車全線、運転見合わせ
深夜に復旧した路線もあるが、ほぼ終夜運転状態。JRは終日運休。

・首都高、高速道路は全線通行止
これによって、一般道は高速道路の車と合流し交通マヒ
10kmの距離ですら、数時間かかった。
また、停電もあったことで、信号機が止まっていた箇所もあった。

・帰る人がごった返した
聞いた話によると、自転車が真っ先に売れ、次にスニーカーだったそうである。

・コンビニは売り切れラッシュ
特に飲料、食料類は著しかった。

・ラジオ、テレビは完全報道体制
以降の番組全部放送中止、災害体制突入。

 

大きく言うとこんな感じ。

辛口だが、はっきり言えるのは、
もし今、同じ規模の震災があったらどうなるか?

 

「間違いなく、100%同じことを繰り返す」

 

そう言い切っていい。
なぜなら、災害についての意識感が国民レベルで低いから。

 

備えはもちろんだが、自動車のリスク、電車のリスクというのがある。
あまりにも便利になった反面、
逆にこれに国民が溺れてしまっているというのが今の現実。
(もちろん、書いている私も含む)

 

まず、できることは「少しでもいいから歩こう」。
運動になるからというメリットもあるが、何かがあった際、必ず役立つ日が来る。
「歩けない!」という泣き言は、災害時では通用しないという意識を持つこと。

 

政府での防災対策というのは、私は真の意味での必要最低限と捉えている。
なので「完全政府頼りにするというのは間違い」である。

あなたが必要だと思う「プラスアルファの部分」は、それぞれが考え補う必要がある。
いろんな事情に合わせて。

 

震災から8年。改めて感じたことを書いた。