起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

公募型写真展「御苗場2019」を見ていて思う。一体どんな作品が注目されるのか?

目的次第だが、
テーマを伝えるか、特殊性を出すかのどっちかがポイントの気がする。

 

ということで、今回の御苗場2019にて、
私の中で関心を持ったブースを数ヶ所撮影した。

(各ブースは、出展者の許可を頂いて撮影しました)

 

f:id:enjoy-eagle:20190311195122j:plain
f:id:enjoy-eagle:20190311195129j:plain
f:id:enjoy-eagle:20190311195133j:plain
f:id:enjoy-eagle:20190311195125j:plain

 

撮影したのはテーブルブースだけだったが、
上記写真での共通点は
平面ではなく立体感を演出するか、ちょっとした特殊性を出すか。

これに尽きた。

 

 

そんな中、お客様などと雑談していて気が付いたのは・・・

・花の写真を出展した人がいない
・夜空(星空)の写真を出展した人がいない(スポンサーは除く)
・ポートレートが多い

ということだった。

でもって、
展示数が多いからといって見にくる人が増えるわけではない。

 

f:id:enjoy-eagle:20190311200040j:plain

 

あと、今回出した私の出展ブースについて言われたことは・・・

・フィルム(ネガ・ポジ)の写真は貴重
・白黒使って演出するのは良いこと(1枚だけ使ったが、思った以上に好反応)
・20年前のモデル写真とポーズは学びになる(特に今のモデルから)

もちろん、良い話だけではなく、辛口のご意見もありました。
・ポイントがない(ノーテーマなので、これは想定済)
・私がいなかったら、何が何だかわからない(準備不足の露呈です)

でした。

 

来年はどうやるかは検討中だが、
これから出す人は、
iPhone撮影だけの写真や、
(アマでもいいから)スポーツ写真だけというのもいいのかなと思う。

あと、テーブルブースの場合は、コンセントもあるので、
電力が許される限り、大画面のパソコンでプレゼンというのも手かと思う。
(*PCプレゼンについては、毎日在廊していることが前提になるかと)

 

私なりに感じたことであるが、
来年、御苗場でテーブルブースにて出展の際はぜひ参考までに。