起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

人事異動の費用を使うなら、社員還元に使った方が活性化するはず!

春は異動シーズンたけなわであるが・・・

こんな無意味かつ、お金のムダ遣いをする
引越の伴う人事異動制度、そろそろ考えたら?

 

春は公務員はもちろん、企業でも多い人事異動。

引越が伴わない異動は、バンバンとやっていい。
また、人事異動の発令を2ヶ月以上前に事前に連絡するとかしているのなら、
まだいい。

 

しかし、ギリギリになって発令する
引越が伴う異動は本当に古いし、廃止すべきである!

会社の一方的な都合で、短い期間に異動準備や引越準備をさせられ、
見知らぬ土地へ異動させ、ヘタしたら単身赴任。
これ、はっきりいって「砂漠の中を一人で歩け!」的に、完全に拷問。

異動させられた社員はもちろんだが、家族も大変である。

公務員当時のことだが、これは社員に置き換えても同じことであるが、
公務員勤めしていたときに私が実際にあったエピソードを。

 

私が公務員だった当時にあったことだが、
ある職員の奥様(元同じ職場、当時20代)が自殺した。

普段からおとなしすぎる性格で、地元にいた時は、
知人友人が多く、彼女にとって大変過ごしやすかった。

しかし、夫の異動により新しく住んだところは、
もちろん誰も知らない完全アウェーな場所。

周りは誰も知らない人なので、
誰かに相談することもほとんどなく、彼女が最後に選んだのが「自殺」である。

 

自殺に至る直接的原因は本人しか知らないので最後まで不明だが、
あらゆる情報を聞いて予想できたのは、
「彼女は周りになじめず、精神的ストレスが溜まった」
のではないか。

 

これを知った12月、
職場の年忘れ行事が終わって事務所に戻った時だった。

この話が入った時、職場内では驚きとショックがすごく
年忘れ行事の余韻は一気に吹っ飛んだ。
私の携帯メールにも「◎◎ちゃん亡くなったって!?」と届いたほど。

 

数日後、彼女の地元でお通夜、本葬が行われ、私含む元職場にいた人も参列したが、その時に見た夫の表情が忘れられなかった。

「完全に憔悴し、今でも自殺してもおかしくないほどにやつれて遺影を持っていた」

100人中100人、誰が見てもそんな雰囲気だった。
その後、夫は何とか立ち直ったが、トラウマは抱えたままであろう。

 

組織は人事異動に関して
「組織の活性化」「組織の事故防止(経理面など)」
というであろう。

「組織の活性化」ではなく「単なる会社都合」でしょ!
「事故防止」も異動して根本解決するわけがない!

言葉悪いが「問題行動は、どんな状況においても結局やる」わけで、
異動することで問題解決するわけがない。

結局、会社都合の人事異動で残るのは「社員の不満」だけである。

 

組織活性化というなら、
人事異動自体制度を改め、もっと違う手段を考えるべき。

社員の欲求充足の手助けをしているというなら、
一方的に押し付ける引越の伴う人事異動は廃止し、
浮いた分の引越費用を、

「社員に違う形で還元してあげた方が1000倍効果的」

だって!

 

逆に引越の伴う人事異動は、
社員が「本当に希望しているとき」に叶えてあげるだけで十分。

 

私も自衛隊にいた当時人事異動があったが、
こんな愚策いらんと言いたいほどだった。

本当マジで。

 

以上