起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

自分のしたいことを100人に話せば夢はかなう 〜思いが一つになった「帯広釧路かさこ塾開催!」〜

タイトルは、かさこ塾のスライドから頂きました!

 

昨日の午前、かさこさんから
「7月 帯広・釧路かさこ塾、開催決定!」の知らせを受けました。

 

・・・今思えば、
「開催希望を出した、言い出しっぺの私は何をやったのだろうか?」
ちょっとだけ自問自答した。

 

やったことはシンプル。
「真っ先に、北海道内の関係者を勝手に巻き込んで発信しただけ」である。

 

かさこ塾の開催希望リクエストの際、
「北海道帯広市」を出したのは私である。

理由は簡単「地元出身地だから」

 

リクエストを出したものの・・・
私一人で周知するのは限界が出るのは、すぐわかった。

ましてや、
都内在住なので、毎週北海道へ帰るわけにもいかない。

時間があるなら、一人でチマチマやってもいいが、
残り枠が少ない中、
一人でやっていたら「あっという間に枠がなくなる」と予想した。

 

唯一、私が幸いだったのは、
昨年札幌フェスタで札幌の塾生と複数知り合ったこと。
また、帯広での2時間ブログ術で数名知り合ったこと。

これが持っている資源だった。

 

ということで使った方法は「地元在住者を巻き添いにした」

・札幌開催希望した人(→予想通りの札幌開催!)
・函館開催希望した人(→フェスとして開催!)
・昨年帯広2時間ブログ術に関わり、市内在住者
・釧路開催希望した人

4名を「勝手(強引?)に巻き込み」ネットワークを作り
北海道として大々的な告知活動をしただけ。

 

今思うと
「我ながら、むちゃくちゃなやり方だった」(笑)
思いがバラバラだったら、間違いなく大迷惑確定です。

「自分の地方だけよければいい」という発想が5名にあったら、
確実にこの方法は成り立たなかった。

 

しかし、
北海道はそれぞれの場所が思い切り離れているので、
この方法ができたのかと思う。
もちろん、お互い開催したいという思いは一緒だったので。

 

途中、参加希望者が増えつつも、単独10名は難しいせいもあり、
水面下で合同開催の可否について違う方が聞いていたようだった。

それを知った私は、東京かさこ塾ランチ会の時に合同開催の件について確認。
「合同開催」についてシェアの許可をいただき、単独開催から合同開催にシフト。

しばらくして、
合計10名(帯広7名+釧路3名)になり、次の募集ステップへ。

 

しかし、開催条件が地方開催ということもあり、以下3つの条件がついた。

・2019.3.29までに8名申込(入金ベース)があること
・支払後のキャンセル不可
・7名以下だったら、振込手数料を差し引いて返金

ということ。

要は、7名以下だったら開催しないし、リベンジもありません。
ということ。

 

ここで「まずは8名集めて開催決定」へと進むことに。
あとは、開催決定後に次のステップへ進むだけの話だから。

当初は25日まで支払という話だったが、
告知の時間が欲しいということも含み、29日までで延期をお願いした。

 

それでも、
正直は話「開催決定は五分五分」だとわかった。

「10名参加希望=10名入金」

というのは現実的にありえないから。

 

予想通り、支払人数はこんな流れ

・3/19 3名支払済
・3/20 6名支払済(参加希望の10名以外から1人)

 

6名支払済で、あと2名となったが、
それでも私の中では「開催決定は五分五分」というのは変わらなかった。

 

そして26日に1名が支払ったので、7名支払済でリーチ!

ここでラストスパートでひたすら告知!
それでも不安はまだあった。

言えたのは「7名で開催されず」という一番悲しいオチだけは作りたくない。
ということ。

 

水面下であらゆる情報は把握していたが、あくまでも信じるのは「事実」の部分。
「予測」の部分は今回はスルーした。

 

27日のときに気が付いたら、
北海道の塾生はじめ、全国の塾生複数名が告知活動に協力されていてビックリ!

「かさこ塾ネットワーク」がここで吹き荒れた。

 

 

そして28日の午前「帯広釧路かさこ塾開催決定!」のmessengerが届いた。
これで一安心です!

 

「自分のしたいことを100人に話せば夢はかなう」

再受講でこれを聞いていたが、実際これが現実になった時であった。

 

本当の話、
地元在住のお二方の活動は本当に素晴らしいと感じております!!

もちろん、告知していただいた皆さんにも感謝です!

 

しかし、ここで終わりではなく、開催決定は単なる通過点。

 

開催決定した後のステップは

「開催時までにより多くの参加者を集めること!」

 

7月まで時間はあるので、
この情報をより多くの方々に伝えてまいります!

 

「情報を引き続いて発信すること」

これが私のできること。

 

ということで、
帯広・釧路かさこ塾について、詳しくはこちらで。

ameblo.jp