起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

クズクレーマーのために「不可抗力のことでいちいち謝る必要なし!」

混雑ラッシュ時間帯に電車乗った時、車内アナウンスで・・・

「車内、大変混雑してしまって申し訳ございません。」

というアナウンスがあった。

 

…これ普通に聴くと、違和感だらけ。

はっきりいって
「ラッシュ時の車内混雑は不可抗力だから謝る必要ないっしょ!」

が本音である。

 

もちろん、運行会社側の過失なら謝罪は仕方ないし、当然のこと。
究極、人身事故だってほとんどは運行会社側の過失ではない、一乗客の責任である。

 

 

 

昨今、クズクレーマー
(当記事において、クズクレーマーはお客様とは扱いません)が蔓延しているが、
接客自体もクレームを起こさない接客のあまり、接客自体がロボット化している。

 

そして、会社側もクレームゼロにしよう!
といわんばかりに、社員にやり方を押し付けるというヴァカらしい風潮が強い。

 

はっきりいって、もっと人間らしい接客していい。
もちろん、お客様にタメ口とか、無愛想はアウト。

でもって、会社側も何でも謝罪する必要はない。
毅然と対応するだけでいい。

正しい接客ならその旨返答すればいいし、おかしかったら謝罪すればいい。
ただ、何でも社員に責任を押し付けるやり方は、
社員の不満を買うだけなのでそこは考えるべし。

それでも理解できないクズクレーマーは、利用禁止でいいほど。

 

とはいえ、クズクレーマーは、自分の都合のいい部分だけを抜いて、
ソーシャルメディアを使って炎上させるだろうから、
電話のやりとりを録音しておくというのを忘れずに。
それが唯一の対抗策だから。

 

特に、鉄道、タクシー、バスなどの公共交通機関は、
もっと「乗客に対して毅然と対応する」というスタンスをやって欲しい。

以上である。