起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

2019年Nコン課題曲は始まりと伴奏なし部分が最大のキーポイントである! 〜中学校の部課題曲〜

年に一度登場する
「なんちゃってNコンジャーナリスト」のよしだです。

 

本日は、2019年のNコン課題曲が発表されましたが、
これについて感じたことです。

 

【まずはじめに、Nコンについて】

Nコンは3つの部がある。
今回話題にするのは
中学校の部は基本三部(ソプラノ、アルト、男声)である。

これ以外に、
小学校の部は二部(女声、男声)
高校生の部は四部(ソプラノ、アルト、テノール、バス)

 

という構成でコンクールを行う。
コンクールは地方予選から始まり、地方予選の優勝学校が、
全国大会へと進むシステムである。

 

このコンクール、
毎年、注目を浴びるのが「中学校の部」である。

中学校の部はここ数年、
アーティストの曲を合唱版にし、課題曲として提供している。

 

2018年の課題曲は、Superflyの「Gifts」だった。
(2018.10.10 シングルCDリリース)

 

今年2019年の課題曲は・・・
(新元号である「令和初」という言い方する方もいるが、ここだけに止める)

 

SHISHAMO「君の隣にいたいから」です!!

課題曲紹介 | NHK

こちらの公式サイトで曲もあるのでぜひ。 

 

 

・「合唱曲」を何度か聴いて思ったこと

特段のトリッキー要素は少ない印象。

しかし、今までの課題曲はほとんど穏やかなスタートだが、
今回はいきなり難しいスタート。

ここでコケると、流れをつかめずに崩れる可能性が高い気がした。

あとは、後半にスローテンポ&伴奏なし(合唱のみ)がある。
ここで音程をいかに崩さずに歌えるか。
ここの失敗もかなり聞く側は目立つのでご注意を。

 

 

新学期に入って、合唱に関わる方が多いかと思う。
今回の課題曲は、今までと違ってポップ的な要素が強く、明るいので、
ぜひ表現豊かで、素晴らしい合唱をして欲しいと思う。

ということで、今回の課題曲における思い(動画)をシェアする。
(本人も合唱経験ありというのがビックリです)

 

youtu.be

 

 

(「なんちゃってNコンジャーナリスト」よしだの自己紹介)

過去、合唱経験があり、
中学校2〜3年の時、Nコン参加。
当時はガチの合唱曲で、パートはアルトパートだった(爆)
*理由は変声期が遅く、高音が出ていたためです

20代に入って、混声合唱団や、男声合唱団などに参加していたが、
技術至上主義でやっている合唱団の違和感を感じ、今は無所属。