起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

精神疾患や発達障害に関して、本人が自覚できない限りは「何を言ってもムダ」である

精神疾患や発達障害絡みについて、
相手から相談などない限り、私は一切相談やアドバイスしません。

 

いろんな人と付き合っていると、
いかにも「精神的にちょっと・・・」という方がいる。

おそらくだが、
そういう人は精神疾患や、発達障害の可能性があると予想できる。

 

しかし、仮にそうだと予想しても「私は一切言わない」ようにしている。

理由は簡単。
相手を傷つけ、変な疑い自体かけたくないから。

本人が自覚しているかどうかわからない状態で、
「あんた精神疾患(発達障害)でしょ!?」と言われると、
場合によっては一発で相手を凹ますことになる。

それが影響して、陰でワラ人形打たれても困るし(笑

 

・・・ということもあり、相談やアドバイスについても、
「相手から言ってこない限り、一切行わない。」

冷たいけど、
自覚していない状態で行っても、バトル勃発確定なので。

まず、相談やアドバイスを求めてくる場合というのは、
前提には「ある程度、本人が自覚している」からである。

そのため、相談やアドバイスを求めてきた際は、
診断できる病院の情報など、経験を含めた相応の対処も言える。

 

 

私は発達障害を持っているが、
前は「ドタキャン当たり前」の人間だった。
なぜここまで意識したのかというと、
「どういうパターンでドタキャンが起こるのか?」を考えたから。

 

考えた結果、私の多いドタキャンパターンは
「予定が詰まりすぎて窮屈になる」か「お金(参加費)がない」の
二択がメインだった。(急病は別扱)

それからは、
スケジュール記載はもちろんだが、私の動ける余裕を計算することが増えた。
どこまでなら動けるか?を。

またイベント参加も支払が伴うものは、慎重に見てから判断。
難しいと思ったら、参加表明は始めからやらない。
(その時に満員で募集終了だったら仕方ないという気持ち)

これだけで、8割以上は解決した。
(とはいえ、ドタキャンOKと明記している超ゆるいイベントでは、まれにやらかしてます・・・)

 

 

本題に戻って・・・

仮に、相手が予定をドタキャンし、別なところでスイーツ食べていたとしても、
本人が予定ドタキャンの反省自覚がない限り、何を言ってもムダ。

確かにこのケースはタチが悪いが、
仮に注意しても「本人が自覚していない限りムダ」である。

違う言い方すると「ヌカにクギを打っている」ようなもの。

 

そういう人は残酷であるが、一旦距離を置くか縁を切るしかない。
アドバイスも不要。
「ドタキャンした本人が求めていない限り」は。

時間が経って、
改善されているなら再度戻すというのはありだが、されない限りはそうする。

 

あなた自身が、
精神的ストレスを抱え、ムダなエネルギーを消耗する前にそうすること。

ちなみに、あなたが知っておくのは、発達障害の傾向だけ知っておくこと。
それ以上は不要だし、どういう価値観を感じてもそれは自由。

 

そう感じるのであった。

以上