起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

いじめ、いやがらせ、パワハラのオンパレードでついに詰んで退職 〜公務員の回想録3〜

平成16年4月、小さい職場に異動。

アットホームな環境だったが、人間関係がうまく作れず。
さらには、異動直後の4月下旬に何者かが、私の物品にいたずらを仕掛ける。

これが一回だけだったら問題なかったが、何度も被害に遭う。
もし、これが一般の会社だったら「器物破損罪」となる案件である。
犯人はまったく見えない。推測だけでは戦えない。

 

あまりに酷さに、上司と相談するも、上司自身の自己保身が強かったせいもあり、
一切取り合わない上に、警務隊にすら出さないという扱い。

手がかり探すも何も見つからない。
当然ながら「疑心暗鬼」になった。誰を信じていいかもわからない。
見えない敵と戦っているようなもの。

だんだんと精神的に追い詰められ、精神科に数回通院することに。

 

更には、仕事においても、
やることなすことが、どんなに真っ当な内容も裏目に出たり、
違うルートで文句が出る。
「文句あるんなら堂々と私に言え」という本音とは裏腹に、違うルートで叩かれる。

何をやっても、報われない上に、水面下のいじめやいやがらせ。
職場の関係者との関係も険悪のまま潰れている自分。

上司に退職を申し出ても門前払いされ、ついに言った最後の言葉は
「退職の手続きか、異動のどっちかで対応してください!!」と訴え、1年で異動。

 

異動後は完全に新しい仕事だったが、
半分死んだ目になってやっていた記憶がある。

ラスト半年は異動した上司(係長)とウマが合わず、
意図的に決裁を通さないなどいやがらせされ、
言葉は出さなかったが、8月上旬ついに机をバンと叩き、キレた。

キレた後、その上司は、謝罪しても許してもらえず、
一切話はもちろん、口をきかなくなった。
(仕事は確かにできる人だが、人間性という意味では最低)

もう、この時点であらゆる要素を含み「潮時」だと完全にわかった。

あらゆる選択がなくなり、完全に詰んで「退職」の一択となった。

 

こうして、少なくても言えたのは
公務員当時「好きな仕事をしていない」ということ。

これが徐々にストレスとなって出てきたのが最後の行動だった。

8月に退職の申し出をするも、
不思議なくらい公務員では簡単に辞めさせてくれない。
会社員だったら、すぐにOKなのに。
(*悪いことした場合の退職は早いです)

隊長から慰留かけられるも、はっきり言ってもう無理だとわかった。
幸いだったのは上司(科長)が意思を尊重してくれたこととはいえ、
退職前に、母親に事情を説明したらしく、
親も自閉症のことをすべて話したようである。

紆余曲折がありながら、11月中旬に正式退職となった。

退職当日、
スッキリした顔で出て行った記憶だけ残っている。
それだけ押しつぶされたのであろう。

 

実は、
人事的な扱いも平成5年に精神病として休職した時点で決まっていた。

出世という言葉のない「捨て駒扱い」だと。
それが形になってわかったのは、転勤異動先の流れもあったが、
退職する年の8月に決定打があった。
私の後輩が幹部になるための教育入校できたが、私は声すらかからない。

どんなに異動しても評価されない。
公務員では評価の基準すらわからない。

 

ただ逆に、このまま公務員を続けたらどうなっていたのだろうか?
少なくても以下の状況になったと言い切れる。

 

・精神病で廃人か、自らの命を絶った

・運良くても、死んだ目で公務員を続けた

 

そういう意味では、この退職は正解であった。
同時に東京へ引っ越すという決断にもなった。

とはいえ、退職と同時に得たのは「自立」というテーマ。
何があっても、今度は私の責任ということ。

引越する前、実家に1日だけ寄って、
「東京へ引っ越すから。荷物はすべて出した。」
とすでに終わった状態で言って、出て行った。

親との関係も冷戦が続いたままに・・・