起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

肩書きやキーワードは「わかりやすい」「検索されやすい」が基本!

たとえば

「カメラマン」と「フォトグラファー」の2つでいうなら、
「わかりやすい」のと同時に、
「相手はどっちで検索するか?」を考えた方がメリットが高い!

 

先日、Facebookでちょっとしたアンケートをやっていて、
関心深く見ていた。

結果を見て、私も周りの人にTwitterアンケートで、
ほぼ同じ質問した。

 

「撮影してくれる人を探すときに、どういう単語で検索するか?」
という質問で、

「カメラマン」「写真家」「フォトグラファー」「その他」

という四択だったが、結果「カメラマン」がダントツだった。

 

証拠に、先日アンケートをした内容のスクリーンショットを。

f:id:enjoy-eagle:20190511153352j:plain

アンケート結果です!

 

もちろん、これら単独の他に、
3択+複合キーワードなどもあるだろうが、
基本キーワード軸は「カメラマン」というのが事実である。

 

私なりには、
写真家やフォトグラファーは、
商業系より芸術的な世界という捉え方が強い。

カメラマンは定義の範囲がとっても広いが、共通して商業系的なイメージが強い。 

そんな印象でした。

 

<意外と大切な追記>

もし、検索キーワードを考えている際は、リサーチ手段として、
こういうTwitterによるアンケートという手段もあるということで参考までに。