起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

高性能一眼レフNikon D850を3ヶ月間使って感じたこと 〜使用レポート〜

2019年の2月に、写真撮影機材増強として、Nikon D850を購入した。
伴って、現在はD7200と2台体制になった。

 

もちろんだが、
これを購入する前に、もちろん比較検討した。

比較検討したのは、D810である。

これはD850の旧機種だが、セットレンズも魅力的だった。

しかしD850は画質性能など、
あらゆる面に対して高評価の口コミが多かったためである。
あとは、本体は長く使うことが前提なので、
画質や性能が安心して使えるかどうかがポイントとなった。

 

ということで、数多いプロカメラマンの前では、
私は素人目線になってしまうが、
D850を実際に使って3ヶ月経過したので、レポートをシェアする。

少しでも参考になると幸いである。

 

f:id:enjoy-eagle:20190516103508j:plain

こちらが実機の箱です!

 

・D7200と比べ画質が良いのと、RAW最大サイズが大きい

やっぱりこれに尽きる!
何度か撮影していても、利用者のうけが良い印象である。
また、RAW元サイズも大きいので、提供条件次第で多少のトリミングも可能。

 

・D850の性能を発揮させるなら、レンズもDXレンズではなくFXレンズで

購入前に悩んだ壁である。
購入当時はDXレンズでしのいでいたが、
撮影時の画質、ノイズの耐久性、現像段階の作業などいろいろ課題が出た。
・・・ということもあり、DXレンズを売却し、現在FXレンズで統一した。

ちなみに現在の保有レンズは、以下の2本である。

・AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
・AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

もちろん、
上記FXレンズをD7200に装着することも可能で、
その代わり焦点距離は1.5倍になるが、
今後サブとして使う前提なので、問題なしである。

 

・多重撮影について

これは大きいが、
多重撮影の際、元データと合成後データ全て残すことが可能
(他の機種は、合成データのみだった)

 

・親指AFがストレートに使いやすい

D850では、違う言い方するなら、初期設定から使える。
D7200も使えるが、設定画面から設定しないとならない。

 

・D850は内蔵ストロボがない

こちらは、SB-700持っているので一切問題なし。
ただ、スピードライト持っていない場合は、必須購入となる。
むしろ、D7200の内蔵ストロボは、光量の弱さもあり、ほとんど使ってない。

 

・D850はレンズキットは現在発売されていない

D7200やD810ではレンズキットが出回っていたが、
D850はターゲットがプロ(上級クラス)用のせいか、
レンズキットは現在扱っていない。

 

・重厚感が圧倒的に違う

D7200は765gだが、D850は915gである。
しかし、たかが150gとはいえ、撮影するのは長時間である。
そういう意味からも重厚感を感じるので、少し手と腕を鍛える必要がある。

 

・フルサイズ機なので当然だが、設定が異なる

表現がわかりにくいが、
D7200はAPS-C(DX機)で、D850はフルサイズ(FX機)なので、
撮像素子(要は画像処理の部分)が大きくなる。
これによって、同じシャッタースピード、絞り値、感度で撮影しても、
出来が異なる。

 

・スイッチ周りも当然違う

他の機種を使って、D850を使う際スイッチ周りも異なるので、
事前に把握しておく必要がある。

 

・ダブルスロットであるが、記録媒体が違う

D7200はSD(SDHC・SDXC)メモリカード2枚スロットだが、
D850はSD(SDHC・SDXC)メモリカードとXQDカードの2枚スロットである。

しかし、XQDカードはソニーの独占に近いためか基本高く、
外部ドライブも純正以外は、まだ少ない。

 

・D810との違いについて

私自身実際に使ってないので、こちらのサイトを参考に。

Nikon D850とD810の違いを比較。D850の仕様スペックについて|おちゃカメラ。

 

ざっと列記してみたが、あくまでも私の主観での感想なので、
どうしても気になる際は、一度レンタルすることをオススメする。