起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

イベントキャンセル問題、クズ客排除するため主催者は基準を明確に!

あらゆるイベントが開催されるが、必ず出る問題として

「イベントキャンセル問題」

である。

 

ゆるいイベント(いなければ中止でいいや的な感じのやつ)は、
ドタキャンOKというのもある。
こういうのは、報告するだけで十分である。

これから書く内容は、
有料のイベント(ある程度の参加費と人数が見込める場合)である。

 

これらのダメージを最小限にするには、まず
主催者側が
「参加者扱いにする基準」や「キャンセルポリシー」を明記
することである。

 

「参加者扱いにする基準」については、
たとえば

・ 「参加予定ボタン」をクリックした時点で参加表明

・ フォーム入力した時点で参加表明

・ フォーム入力し、入金があった時点で参加表明とし、支払期限過ぎた際は自動キャンセル

という感じに明記する。

 

「キャンセルポリシー」については、
たとえば

・ お支払後のキャンセルは返金不可

・ 開催◎日前までなら◎◎%差し引いて返金 

という感じに。

*これらは一例なので、
主催者側で明確にして文章をアレンジし作成してください。

その他、支払方法などで工夫している主催者もいます。

 

 

主催者側が、参加者とキャンセルについて明確に設定しておくことで、
ふざけた参加者に対して、言いやすくなるし、黙る。
あるいは、事前にお客様も申し込みを止まって去るケースもある。

 

逆に不明確だと、
ふざけた参加者は、あれだこれだと言い訳して逃げる。

 

なので、主催者自ら姿勢を正していくことである。

 

私も撮影についてキャンセルポリシーを用意しているが、
これを用意することで、
ふざけたお客様が申し込みしなくなるというメリットもある。

ということで、もしキャンセルについて、悩んでいるという方は、
一度申し込みから改善を加えてみてはどうであろうか。