起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

小冊子やセルフマガジン送付する際、使える郵送手段をまとめてみた【保存版】

特に小冊子や、セルフマガジンを送る際に郵便で送ることと思うが、
数年前まではヤマト運輸で「メール便」というのがあって、とっても重宝していた。

しかし、いわゆる大人の事情によって「メール便」というのがなくなり、
いまは郵便を使うことが基本となった。

そんな中、
郵便で主に扱っている送付方法についてちょっとだけシェアする。

 

・定形外郵便(120円〜 )

一番多い送付手段であり、
長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内まで対応可能。

しかし、複数冊(3冊以上目安)を送る際、
100g越えると「荷物1個につき205円」と割高になってしまうので、
以下の3つの中から選択したほうがいい。

 

・スマートレター(180円)

A5版だとこれがオススメ!
こちらだと、一律180円で送ることが可能である。
対応サイズは、25cm×17cm、厚さ2cm以内、1kgまでで、
封筒仕様なので、破れずに入ったら問題がない。
およそ20冊くらい(冊子の仕様によって異なる)までは対応可能。

 

・レターパック(360円、500円)

こちらはA4サイズまで対応可能である!
対応サイズは、34cm×24.8cm、4kgまでである。
なお、360円のレターパックに関しては、厚さ3cm以内という条件がつく。
(500円のレターパックは、厚さ制限がない)
あと、荷物追跡もできるので、受け取った際でも確認ができる。

 

 

上記の方法は、誰でもできる送付方法であり、コンビニでも扱っている。
もちろん、ポスト投函もできます。

あともう一つは、クレジットカード持っている人限定となるが
こちらも便利であるので、ぜひ検討してほしい。

 

・クリックポスト(185円・要クレジットカード)

対応サイズは、34cm×25cm、厚さ3cm以内、1kgまで
ネット上で荷物情報を入力し、専用のラベルを作って貼り、ポストに投函するだけ。
切手は貼らない代わりに、送料はクレジットカード決済となる。

特に多くの人に送る際は、手間が省けるかと。

 

 

以上が送付方法の一覧だが、
小冊子(セルフマガジン)の仕様にも影響するが、
冊数によって段階的に考えましょう!

以上