起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

コンビニで郵便物を測ること自体やってくれない理由とは?

基本、コンビニで測ることは、
「郵便局では認められていない」からである。

 

いまは手軽かつ店舗が多いコンビニであるが、
もちろん郵便切手も一部であるが扱っている。

 

そんな中、一度経験したことがあるかと思うが・・・

「コンビニで郵便物の重さを測りたく、店員に言ったが断られた」

という経験。

 

これ、私も経験したが、言われた時はムカつくものである。
しかし、この対応はどうやら止むを得ないことがわかった。

 

根本として・・・

出す郵便物の料金決定権は「郵便局だけ」である!

郵便局で直接郵便物を出した際は、必ずチェックするのでほとんど問題はない。
しかし、郵便ポストの場合は一度、重さや大きさなどチェックしてから郵送される。
その際に郵便料金不足などがあったら返戻か、宛先側負担などで対応となる。

 

じゃあ、コンビニの場合はというと、決定権が一切ない。
そういう行為をやると、郵便局の業務を肩代わりするということになる。

今はクズなお客様が増殖しているので、ここで料金トラブルがあると、
店員にクレームという八つ当たり行為が起こる可能性が高い。

結局これを起こさせない根本対策でもあり、余計な業務を回避するためである。

 

ということで、
郵便料金がギリギリ変わるかどうかのボーダーラインで困った際は、
止むを得ないが高い料金で払うか、直接郵便局へ出向くのが一番である。

郵便局だと、場所によってはセルフサービス用のはかりが
用意されているところもあるので。

 

以上。