起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

あのRIZAPもビフォーアフター広告がなくなりました! 〜最近の景表法事情は?〜

先日、電車内で見かけたRIZAPの広告です。

 

f:id:enjoy-eagle:20190531094607j:plain

 

今まで、RIZAPは
著名人や素人モニターを使って、ビフォーアフターを出していた。

しかし、つい最近見かけたのはこの広告である。

 

また、テレビCMでも「未来が見える」というキャッチコピーで、
ビフォーアフターは出していない。

 

一体どうしてだろうか?

実はこの広告の裏には、法律が厳しくなった影響もあり、
RIZAPも合法的な広告で戦略を変えたと予想できる。
(余談だが、RIZAPの場合は前に返金の関係で、一度叩かれた。
おそらくその影響もなあるでしょう。二度やると処分も大きくなるから。)

 

基本、RIZAPの場合は「景品表示法(景表法)」がベースとなる。

ここ最近は、この法律によって
監督官庁である消費者庁から処分を受けるケースが増え、
「有利誤認」「優良誤認」については特にシビアである。
 

処分受けた会社は、
「マクドナルド」「塚田農場」「TSUTAYA TV」「はぴねすくらぶ」「キリン堂」が
景表法の処分を受け、ニュースなどでも出ている。

 

今では「ネット広告」が当たり前である。

ネットで簡単に発信できると同時に、
消費者および同業者の目も、日に増して厳しくなっている。

そして、消費者庁の調査も早くなっている。
消費者や同業者の通報があったら、
会社規模や営業規模など関係なく「抜き打ち」で調査します。

同時に写真やスクリーンショットで証拠を抑え、告発となる。

 

しかし、広告主はこう思うでしょう・・・

「法律通りに行ったら、商売できんわ!」と嘆くでしょう。

だからといって、
違法行為を行うと、でかい罰金で会社が傾く可能性もある。

 

そんなあなたに、役立つ朗報です!

景表法、薬機法を専門にしているセールスコピーライター自ら
手軽な金額で学べるオンライン講座がございます!

 

yakuji.892copy.jp

 

これを学ぶだけで、この書き方が違法だとわかり、
同時に、どういう書き方が売れるかということを学べます!

関心ある方は上記のリンクからぜひ。