起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

イベントなどは情報を具体的に書かないと【機会損失】を与えます!

イベント主催者は、ぜひ抑えてほしい!

「5W1H」だが、この話耳にタコができるくらい聞いているはず。

 

だがしかし、しかし駄菓子(ある方のパクリ)

実際にやってない人が多すぎる!!!

ということで、この法則に基づいて、どんなこと書けばいいのかをシェア。

 

・When(いつ)

開催年月日、時間のことであるが、もう一つ曜日も入れること。

例えば、

2019年6月11日(火) 10時開始(9時30分受付)
令和元年6月11日(火) 10時開始(9時30分受付)

という感じで、具体的に誤解を与えない表記すること。
ついでに言うと、祝日の場合はその旨表記すると親切です。

 

・Where(どこで)

場所であるが、これも具体的に場所、住所、アクセスを入れること

例えばこんな感じ、

新宿なんちゃらホール
住所:東京都新宿区西新宿◎ー◎ー◎
アクセス:JR新宿駅から徒歩◎分

結構、参加者が迷うというケースが多いので、
「私がわかるんだから他の人もわかる」という思い込みは、ここでは慎むこと。
あと、住所について全国的に募るのなら都道府県も必須。
(地方だけでいいという場合は、区市町村名からでいいかと)

 

・Who(だれが)

要は「誰が主催しているのか?」
何らかの事態が起こることが予想されるので、主催者の連絡先を必ず残すこと。
また、誰が主催しているかわからないと、お客様は不信感満載になる。

 

・What(なにを)

要は「手段」である。

ウェビナーにするのか、会場で講義するのか?など

 

・How(どのように)

要は「どのように行うのか?」

たとえば

「プロフィール写真を使ったブランディング講座」

ビジネス的なプロフィール写真について・・・
実例交えて具体化したイメージです。
 
以下
(説明内容、中略)
 
をまとめて1時間でお伝えします。

 という感じです。基本長くなるはずです。

 

・Why(なぜ)

要は「なぜ開催するのか?」だが、
WhatとHowも混ぜていいかと。

 

これらを入れておくのは最低限必要です!

集まるか集まらないかというのは、
まずはこれらの情報を揃え発信してから考えましょう!

情報不足で集まらないというオチは、
ある意味「主催者の怠慢」以外何者でもないから。

 

ぜひ参考になると幸いである。

以上