起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

MLMやっている人で法律守れないのは、クズの極み!そういう輩と距離を置こう!

ネットワークビジネス(MLM)は、
残念なことに「法律を厳守しているメンバーはごくまれ」である。

しかしメンバーが違反すると、運営会社が責任を負ってしまう。

 

ネットワークビジネスを活動するにあたっては、
特商法や薬機法がメインの法律であるが、いまだに違反行為が横行している。

会社は、会報誌などで注意喚起している(と思う)が、
ここで一番問題なのは「トップリーダー」「セミナースピーカー」である!

彼らが違反行為上等でやっていると、メンバーまで同じことをやる。

 

 

10年以上前に私が参加したネットワークビジネスのセミナーでは、
トップリーダーが薬機法(当時は薬事法)違反でバリバリにしゃべっていた。

でもって「このサプリは最高です!!」とまで言い切った。

 

しかし、
そのスピーカー(トップリーダー)と名刺交換した時に演台を見たら・・・

 

なんと・・・

 

 

「栄養ドリンク数本」発見した!!!

 

 

ドン引き。
「確信持て」と言われても「いや、そったらもん知らん」が本音。

「最高のサプリです!」と言いながら、オチは「栄養ドリンク数本」です(爆)

 

おっかしーーーーーーやん!!!!!

最高のサプリなら、栄養ドリンクいらんやん!!!

Why? Japanese People!

 

ちなみに、そのトップリーダーは数年後、違う会社に移動した。
そして、そこの会社は2度、法律違反の業務停止喰らっていた。

 

 

微妙に脱線したが、
要はメンバーの法律違反を誰が責任取るかというと、運営会社である。

 

なので、メンバーは知らんかったというのは済まされないし、
行政的にいうと「あんたの教育、勉強不足です。以上。」で終わる。

中には、そういうところに関して教育している会社もあるが、
現状では最低でも半数以上がまだまだである。

 

なので、メンバーが平然と違反行為をやっている際は、
悪いことは言わないから「その人と距離置くこと」を勧める。

 

99%ロクなこと起こらないから。

 

以上。