起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

合唱などの演奏会撮影は「超絶デリケート」である! 特に静音対策は考えよう!

先日、合唱演奏会撮影したが、
本当にデリケートな場なので、撮影は慎重に行うべし!

 

撮影時、特に重要なのは「静音対策」である。

バンド撮影だと、別に普通に撮影しても影響は少ないが、
合唱やピアノなどの演奏会だとシャッター音自体が目立ってしまう。
そのため、静音対策しておく必要がある。

実際よくある演奏会の撮影クレームで、
「シャッター音がうるさかった」という話を耳にするし、ネット上でも話題になる。

これやらかすと、後々まで痛いことになるのと同時に、
謝礼案件だと、最悪お詫び料として謝礼ゼロというケースもある・・・

 

実は私も下見兼ねて、練習風景撮影時に指摘を受けた。
(幸いなのは練習風景だったこと)

これをきっかけに「トライ&エラー」の始まりとなった。

 

そこから本番まで1ヶ月以上時間があったので、あらゆる方法を模索。
防音フードからサイレントシャッターなどいろんな方法があった。

結果、所有機種のNikon D850には無音シャッターが搭載されていたので、
あっという間に解決した。

 

これで何とかなり、無事本番で撮影できました^^

 

デジタル一眼レフやミラーレス一眼持っている人は、
もし「初めての演奏会撮影」という機会があったら、
一度、機種の静音機能を調べておきましょう。
マニュアルやググったりするとわかるので。

 

機種によっては静音シャッター機能が入ってる場合もあるので。
あと、いきなり本番に使う前に、どんな感じなのか自宅で実験してみましょう。

そうすることで傾向などがつかめるので。

 

その他、細かいことは以下の記事にまとめたので、
これから撮影する方はぜひ参考にしてほしい。

enjoy-eagle.net

 

以上