起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

タクシー乗務員は「会社などの不条理」が仕事の質に出てくる

タクシーの不評話はあらゆる方面で耳にするが、
乗務員も会社などの不条理が仕事の質に出ていることがほとんど!

 

私の周りにタクシー乗務員がとっても多く、
いろんな話を耳にするが、聞いた話の中から感じたことを。

 

最近では「お客様乗車中に携帯電話で通話している」がテレビに出たが、
これは完全な論外で、処分されるべきである。

よくある話だと、
短距離乗車や、キャッシュレス(カード、ICカードなど)決済になると
文句言われるなどがある。

確かにこれらは乗務員側の問題ではあるが、
乗務員側は会社などの不条理の中でやっているのが現実である!

 

まず運賃については、決めるのは「タクシー協会」である。
この協会だが、タクシーの経営者が集う場所である。
運賃を申請するのはそこであるが、
ここに乗務員の意見は一切入らず、一方的に決められる。

なのでどんな不条理な料金体系でもやらざるを得ない。

昨今の新型タクシー(JPNタクシー)の車椅子対応も、
作業時間30分近くかかるも無料だけど、運賃次第ではラチがあかないという現実。
現場ではそれだけ痛い目に遭うも、協会側は何も考えない。

こういうことや、泥酔客対応で時間がかかろうと関係なく、
タクシー乗務員の労働時間は変わらないし、
はっきりいって時間勝負という現実である。

 

短距離乗車についてだが、乗務員、お客様どっちも賛否が分かれる。
乗務員によって個人差の激しい対応となる。
(当時の初乗り410円改定もそうだったようである)
会社でノルマ設定されると、余計に神経質になる傾向があるので、余計に効率化を求めてしまうという悪循環を作りやすい。
とはいえ、お客様側は、本当に必要と思うならぜひ乗った方がいいのがオチである。

 

次にキャッシュレス決済だが、
本来は「会社側がキャッシュレス決済に伴う手数料」を支払わないとならない。
しかし、中小企業はそういう体力がないのか「乗務員に負担」させるのである。
そうなると乗務員はますます冷や飯を食う思いである。
実質ピンハネだから。

よく、「売上の50%が給与」とか言われるが、
こういう余計な手数料など取られると、
ヘタすれば「売上の45%が実質の給与」という展開になりかねない。

じゃあ、労働組合と会社で話し合いすればいいじゃんと言うだろうが、
経営者次第では門前払いで終わる会社も多いようで、平行線で終わっている。

 

会社の不条理なことが増えれば増えるほど、仕事の質が下がるのは明白である。
よくあるのは、乗務員が同業他社へ転職しているというケース。
そこに気づかない限り何も変わらないであろうし、
Uberなど、法律改正などで入ってきたら簡単に取られるであろう。

 

あと余談だが、もしタクシーで忘れ物や苦情などあった際は、
レシートを受け取って、会社に電話することを勧める。
そのレシートには、車両番号が基本載っているので、そこから追跡できるので。