起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

東京マラソンのエントリー代返金騒動で思った、一つの提案!

いっそのこと公平に、
返金する人としない人で差別化を図るのが一番では?

 

東京マラソンの一般ランナー中止(エリートのみ実施)で、
返金について一部騒動が起こっている。

先に言ってしまうと、
規約に載っているため返金不可で、これは別なマラソン大会も同様である。

昨年で言うなら台風絡みでの中止も同じことになった。
なので言葉は悪いけど、今回の場合「別にどうってことはない」のである。

 

・・・とはいえ、確かに大規模(大阪、神戸、東京など)なマラソン大会は
エントリー代が高い(場所によっては15,000円以上)こともあり、
負担ダメージがでかいというのは事実。 

なので、文句言いたい気持ちもわかる。
私もマラソンやっていることもあり、気持ちがわかる。

 

反面、主催・運営側はすでに記念品など準備していることもあり、
全額返金するというのは現実的に困難。
(運営側の完全過失なら別だけど)

いっそのこと、今回、残金が発生した場合、
ランナーに周知しチャリティーに入れると言うならまだ少しだけ理解しやすい。

 

ということで
もし「東京マラソンなど抽選制大会」で中止になる場合、一つ提案!

ランナーに以下の選択をしていただく方式はどうだろうか?

 

・「エントリー代、全額返金希望する」人

返金と同時に、翌年の優先権エントリーはできない

 

・「エントリー代、返金希望しない」人

返金しないが、翌年の優先権エントリー可能
(もちろん有料だが、値引きするかどうかは別とする)

 

*返答がない場合は、自動的に「返金希望しない」として判断

 

これで行うのが良いんでは?

すでに来年の優先権エントリーは可能であり、それだけでも大きな誠意だと思う。
いつもなら10倍以上の抽選だと思えば、優先権だけで大きいこと。

すでに2021年の東京マラソンは、
抽選は超絶狭き門(または行わない?)の可能性が高い。

 

ぜひ、そういう方法を取り入れると少しは違うのではと思う。

もちろん、本音は中止になって欲しくないというのはいうまでもない・・・

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイトはこちらから
https://enjoy-eagle.net/design 

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://www.reservestock.jp/stores/article/10936/19190

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://www.youtube.com/channel/UC5EVbeG3aFDMlyd7NbkI2eg

■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】
Amazon公式サイト