起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

税務調査が開始された当日【よしだ、税務調査入ったてよ(3)】

2013年、私は税務調査に入りました。
今までずっとこのネタについて、リアル体験記を書いてましたが、
長編となってしまったため、今回シリーズとして6回に分けて公開します。

今日は3回目!

【こうして税務調査開始】

午前中は基本的に
個人事業の件についての現状及び質問等でした。

収入については、キャッシュポイントのことや、
収入の質問がメインでしたが、
給与とビジネス収入について預金口座を分けていたこともあり、
明確に説明しました。

 

お昼入り、1時間の休憩・・・

 

午後に入り、収支内訳の内容と集計表の確認でした。
もちろん、経費のことについて質問もありましたが、
そのままありのままに答えました。


【税務調査終わって ~何しに来たの?~】

終わって、税務署職員からの総括(説明)でした。

今回、私のところに税務調査でやってきた
大きなポイントは「事業所得」でした。

実はこの所得、
会社員やっていて副業している人は、損益の通算が可能な所得です。

 

しかし、立ち上げ(3年)からずっと事業の赤字が連続すると税務署から

「本当に事業なのか?」
「こんなの雑所得じゃねえの?」

という疑いの目で見ていた模様でした。
どうやら、そこが根源での調査だったようです。

 

マジメにやっている人側から言うと、

「ふざけんな!!」

とちゃぶ台返しするくらいの気持ちになるでしょう。

受け取り方次第では「人格否定」された気分にもなります。

そんな私も同じで、
思い切り怒りモード状態でガラステーブルを叩きました。
(本気で職員をぶっ飛ばそうというくらい殺気立ってました・・・)

そりゃ、人格そのもの否定された気分になって
良い気分になれるわけがございません!

 

この日は結局
「経費の集計表」を見ただけで、
「レシートチェック」はありませんでした。

あとは書類のお持ち帰りもないまま終了しました。
(厳密には私の名刺1枚だけ)

 

税務調査の件については後日連絡があり、
「必要がある際は再度調査します」という回答で終了しました。

 

そして税務調査は完全終了のはずだったが・・・(続く)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイトはこちらから
https://enjoy-eagle.net/design 

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://www.youtube.com/channel/UC5EVbeG3aFDMlyd7NbkI2eg

■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト