起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

税務調査が無事決着しました!【よしだ、税務調査入ったてよ(5)】

2013年、私は税務調査に入りました。
今までずっとこのネタについて、リアル体験記を書いてましたが、
長編となってしまったため、今回シリーズとして6回に分けて公開します。

今日は5回目です!

 

【税務調査終わって・・・】

今後、解釈について税理士と税務署ですり合せ・・・
当然私は税理士からの質問以外は特に連絡が来ることはない。

 

税務調査が終わり、税理士と話した結果・・・

税務署側は経費について、
「一切変えないなら事業所得は認めず、雑所得で対応する」
という強硬的態度で挑んできた。

なので、経費計上において修正申告となった。

特に「家賃」については、パーセンテージはこれから調整となった。
(35~40%の間で駆け引き)

なお、修正申告の際は、今回の場合「本税+延滞金」となります。
(加算税や重加算税は適用外)

 

【個人事業における家賃の算定】

一度、当時の総面積からエクセルで算定した結果はこちら。
(*私の場合なので、算定率などは鵜呑みにしないでください)

f:id:enjoy-eagle:20200421085549p:plain

当時の計算表(目安です)

上記データを税理士に提出し、交渉を出したのであった。
他にも研修費について文句つけてきた模様だったが、税理士側で却下した。

(税務署は徹底的に徴収してやろうの魂胆丸見えw)

こうしてしばらくして、やっとこ決着した。


【税務調査の最終結果】

2014年3月5日(水)に税理士から電話があり、
14日(金)に税務署へ一緒に出向き修正申告。

結果は・・・

・「家賃」経費の修正
・「交際・会議費」は経費一部修正

となり、事業所得は問題なく終わった。

よって、
修正申告額は3年間で約1.6万円の修正となり、対応したのであった。
(※別途地方税も修正ですが、約3.2万円程度となり、合計4.8万円)


【今後は・・・】

もし、
会社員とWワークやっている方は、
確定申告はうまく計上しましょう。

複数年赤字の場合は、状況によっては
「税理士に相談する」
という選択肢も考えた方が良いかもしれません。

(高額所得となると、
ステージが異なるので税理士は必須となります)

 

あと、現在(2014年申告分から)は、
「白色申告者全員が帳簿の保管義務」
(※詳しくは国税庁HP・お近くの税務署まで)
が生じます。

私自身も今後、ビジネスを軌道に乗せるにあたって
税務署から何を言われてもいいように
もっとオープンにしようと感じました。

今までの現状からの改善として

・原則収入は「銀行振込」対応(出来る限り現金取引は少なくする)
・Wワークの場合、通帳を分ける(売上額算定がしやすい)
・簡易会計ソフトなどで対応
・早急なビジネスの黒字計上&脱会社員

更には、ビジネスのお金の流れがわかることによって、
自分の現状を知る意味で後々検証しやすくなります。

 

こうして税務調査が終わったが最後に気がついたことは・・・(続く)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイトはこちらから
https://enjoy-eagle.net/design 

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://www.youtube.com/channel/UC5EVbeG3aFDMlyd7NbkI2eg

■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト