起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

家賃支援給付金申請、8つのポイントに気を付けると書類不備率は激減可能である!

本日から申請開始された家賃支援給付金だが、
先ほど申請作業を終えたものの、ストレートに「持続化給付金よりも複雑」である!

まずは家賃支援給付金のサイトはこちら!

yachin-shien.go.jp

 

申請だが、これは持続化給付金より複雑化しているので、
事前に準備して申請することを勧めます!!

あと、申請前のガイダンスPDFがあるので、必ず読むことです!

 

大きな流れは3ステップ
・仮ページ(メールアドレス登録して、確認メールが届く)
・確認メールのURLからIDとパスワード設定し、マイページ作る
・申請作業

となる。

 

しかし、入力が多く、わかりにくいことから、
持続化給付金よりも書類不備の確率が高くなるため、気がついた点をいくつか。
これだけで書類不備の確率は激減するかと!

 

・賃貸契約書

基本「2020.3.31〜申請日」がキーとなる
この期間中に契約の変更がなかったら問題なし。

それ以前に、更新などで貸主が変わっても、
居住場所が変わってない限り、契約書本体と更新書類があれば良いかと。
他に、必要事項の赤枠囲み作業があるので、ガイダンス見ながら行うこと。
ガイダンス見ずにそのまま契約書を送っても、不備扱いされるか、支給までかなりの時間がかかる可能性も!

(追記)
契約時と現在で貸主が変わっているが、
「2020.3.31〜申請日」は変わっていないという場合
「賃貸契約書」「更新通知書(または関係書類)」で問題なしだが、
アップロードする場所次第では不備扱いになる可能性も。
(契約書と同じ場所にアップすると問題なしの模様)

 

・貸主の郵便番号、住所、名義は要確認!

特に「郵便番号」が載ってない場合があるので、貸主住所から検索して探しておこう。
電話番号不明の場合でも入力可なので、問題なし。
(特に大企業の不動産業者で窓口が複数ある場合)

 

・住居兼事務所で使っている人は、裏付書類も送ると良いかと(個人事業主・白色申告)

この給付金制度は「個人事業を営んでいる用途」にだけ適用される。
特に白色申告者は「収支計算書添付は不要」のように見えるが、
住居兼事務所で使っているのであれば、経費として出している金額を確認するため、添付必須の可能性あり。
(添付しなくても申請可能だが、不備メールが届く可能性あり)
あと、虚偽で全部事務所用途として不正に出しても、後日の給付通知が貸主と借主両方に届くので、
場合によってはここで問題発生する可能性あり。
「住居用途なのになんで事務所で使ってるんだ!ゴルァ!」と貸主が用途チェックされたらそれまでとなる。)

 

・入力欄「確定申告書に記載のうち、給付対象となる​1か月相当の地代家賃」について(2019新規開業特例申請の場合)

通常であれば「年間経費計上額から12で割った数字」を入力だが、
「新規開業特例を使う場合の計算式」が掲載されてない。
日数割するのか、月数割するのか、端数処理について気になるところ。
(私の場合は、昨年1月下旬開業したので、経費計上額から11で割った数字を入力したものの、どうなることか・・・)

 

・入力欄「申請時点から今後6か月以内の分として、地方公共団体から家賃にかかわる支援を受けましたか?もしくは、これから支援を受ける予定ですか?」について

ここは説明が載っているので読んでから、実際受けている人は入力を。
*東京都でも行う予定という流れであるが、現在(2020.7.14)は確定ではないので「いいえ」で現在は問題なし。

 

・給付想定額が自動計算されるが、アテにならない!(「住居兼事務所」用途で使ってる方)

計算式がおかしいように見受けられ、多く計算されているようである。
当初のパンフレットなど見てもおかしな点となるので、これだけはご注意を・・・

 

・売上台帳は最新バージョンを!(特に5月中に持続化給付金を申請した方)

持続化給付金の売上台帳を転用する人もいるかと思うが、
5月中に持続化給付金申請した方は、最新の売上月は4月で終わってるはずなので
売上台帳は必ず最新版を作ること!
今回の家賃支援給付金は5月の売上からが基準なので。

 

・「誓約書」は必ず添付

「誓約書」は先週土曜日(2020.7.11)に様式がアップされているので、
必ず該当の用紙を使うこと。
自己流誓約書や、添付しなかったら、即不備メール確定です!


(余談)

家賃の支払口座と給付金振込口座は異なっても影響なしだが、
口座番号などの混同に注意して入力を。
(別途入力欄が設けられているのでご安心を)

 

入力して感じたことは以上の通りである。
申請後は、マイページから進捗状況が見れるのと、
ある程度チェック機能が入っていて、売上額など入力した時点で申請対象が自動判定されるのは大きな改善点!

ただ、前回と違い申請番号が16桁表示で順番が見えないのと、
申請年月日順で処理される可能性は今回の場合かなり低いと予想される。

ただし、以下の条件は一番早く処理されると予想。

・特例なし
・3ヶ月家賃を払った
・契約条件が変わらず
・物件自体完全に商業用途

以上4つの条件び該当する場合である。
一つでも該当しない人は、相当遅くなることを覚悟しておくと良いかと。
(私の場合は1ヶ月半かかると予想しました。
これで計算ミスなく3週間で届いたらある意味最強w)

 

 以上が申請して感じたことの速報です。

 

*以上のポイントは私が感じたことをそのまま書きましたので、申請の際は一人の意見としてご理解いただき、自己責任の上申請してください。

 

(2020.7.30追記)

申請サイトの情報です
「2020年5月から2020年12月までの間で、新型コロナウイルス感染症の影響により連続する3か月の売上の合計が前年の同じ期間の売上の合計と比較して30%以上減っている」場合の申請は
「2020年8月14日から申請開始予定」とのことです!

 

(2020.8.1追記)

ネットニュースの情報によると、2020.8.4から給付開始されるという情報です!
(「申請内容確認中」という表示の方はもうしばらくお待ちください)

 

(2020.8.5追記)

申請した後「申請内容確認中」が出るが、
不備なし(または不備修正完了して問題なしの後)は以下の画面に変わります。

f:id:enjoy-eagle:20200805134127p:plain

 

そして「お振込手続き中」が出た方は、ひと段落で、あと数日以内に支給されます!

f:id:enjoy-eagle:20200806080847p:plain

今回は進捗状況が見えるので安心していいかと!
申請自体はややこしい(書類のアップ場所が違うだけで不備連絡になるほど)ので、
期日は過剰な期待しない方がいいけど、持続化給付金と違い大荒れしてない印象。 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイトはこちらから
https://enjoy-eagle.net/design 

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://www.youtube.com/channel/UC5EVbeG3aFDMlyd7NbkI2eg

■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト