起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

高温多湿でのマスクは熱中症&脱水リスクが激増します! 〜ある日の熱中症&脱水体験から〜

実は先日、熱中症&脱水でダウンしました。

その症状が出た当時、
とあるセミナー中、15時くらいから何か調子が悪く、
初めは腰のハリが急激に強くなり、ずっと立つのが大変だった。
そんな中、時間経過とともに集中力を大きく落とし、ストレスが発生。
首肩の血行不良も手伝い頭痛になった。

 

汗もかいていて、帰りの電車でも汗でベトベトしていた。
帰る途中から頭痛で頭がガンガンしている中、帰宅してすぐ、
軽く汗ぬきをし、スポーツドリンクと水を多く飲み、エアコン入れて安静にした。

その結果、2時間後に頭痛は回復したので大事に至らずでした。

 

当時の行動だが、この日は曇りの高温多湿でずっとマスクしていた。
胃腸の弱りもあったかと思うが、水分補給(500ml×1本)と少なかった。

 

やはり高温多湿時の中、街歩くときはマスクつけない方が良かった。
マスクしていると、どうしても呼吸量が減ってしまう。

身近なパターンは、マスクして階段を駆け上ると、簡単に息切れするが、
マスクしないで階段を駆け上ると息切れしにくくなる。

 

特に夏期間、自分の身を守ることが第一で、
熱中症や脱水で免疫力などが低下するのは本末転倒で、
体調悪い時に余計な病気も入りやすくなる。
もちろん新型コロナも例外ではない。

ということから、高温多湿時は厚生労働省も言っている通り、
街中でのマスクは控えようと感じた。
(交通機関や、店舗に入る時はルールに従うし、暑くない時は通常通り。)

 

<参考サイト>

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました(新型コロナウイルス感染症)|厚生労働省

 

そして、水分補給は状況問わず常にやっておくこと。
仮にステイホームでエアコン入れている中でも、水分は枯渇するから。 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイトはこちらから
https://enjoy-eagle.net/design 

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://www.youtube.com/channel/UC5EVbeG3aFDMlyd7NbkI2eg

■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト