起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

「新型コロナは変えられない。解釈は変えられる。」 あなたは何を行動しますか?

これは、私がお世話になっているアチーブメント社の青木仁志社長が、
コロナ後に発言していたが、これは本当で何も言えなかった。

 

新型コロナ前後で
「世間が大きく変わった」と感じてる人はほとんどだが、私も同じく思っている。

 

8月中旬、改めて都内を4カ所回って撮影した。
銀座、浅草、渋谷、そして新宿。

 

前回は、緊急事態宣言中の4月〜5月に撮影したが、
当時撮影した写真と比べ、人出はもちろん増えたものの、
コロナ前の状態に戻ったかというと、まだまだだった。

 

新型コロナウイルスをどうすることもできない。
たとえば

人間: 「新型コロナウイルスさ〜〜ん、頼むから消えてください!」
新型コロナウイルス: 「わかりました〜消えます! バイバイキーン!」

・・・といって、消えたら誰も苦労しない(笑)

 

ただ、考え方や解釈、行動は変えることができる。

 

言える事は、
あなたの行動が合ってるかどうか、正しいかどうか、
快か不快かどうかは別である。

 

それぞれ選んだ解釈、行動は、
自身の得られた情報の中で最善の選択をしたに過ぎないのである。
周りは「ふざけんな!」と言っても、あなた自身の選択は最善である。

もちろん「選んだあなた自身の責任」という前提で。

 

いまでも新型コロナに関しては新規感染者がいるものの、
回復者などを差し引くと、
知れている範囲の人数で、ごく少数と言われても当然である。

この人数を全国はもちろん、都道府県別に出して欲しいところである。

現在の「無症状」「軽症」「重症」の人数内訳にカウントし、
「治癒」「死亡」はカウント外とし、全人口に対する感染率として。

 

しかし、
「営業時間短縮や行動を制限することだけ」は多い。

新型コロナウイルス自体、
薬自体がまだないこともあり、罹った時の不安や、イメージが沸かないあまり、
「恐怖に怯えて過ごしている人も多い」のも事実である。

 

「ずっと家に引きこもりする」という選択もあるが、
現実的かというと別である。

・・・あ、コロナが怖いというコロナ脳をお持ちのあなたは、
一生家に引きこもって良いですよ〜。
それがあなたにとって一番の最善策だからw

 

私も現在の対人撮影に関しては、必要な対策を講じて撮影を受け付けている。
もちろん、クライアントからの対策要望があったら、
撮影に支障のない範囲内では基本従う。

マスク、マウスシールド両方持っているので。

 

「新型コロナだから◎◎をする」

 

この◎◎に何を埋めるかで、今後が変わっていくはずである。
もちろん、答えは人それぞれである。

あなたの状況や価値観、考え方などが違うので。

 

言える事は、今のままで行くと、不景気まっしぐらになることは免れない。
自粛など「動かない」ではなく、
「何ができるのか」に焦点を当ててみた方がずっと良いかと。

小さいことでもいいから。

そう感じた。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/profile_lp/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
 ■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト