起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

一番嫌いだし距離置くべき人は「何でもかんでも批判しかしない人」である! 〜総理大臣辞職会見から見て感じたこと〜

2020年8月28日に、
安倍総理が「後任決まり次第、辞職する」という会見があった。
長い期間、日本国という重責を担っての公務、
「おつかれさまでした!!」と伝えたい。

まずは労いの言葉をかけてあげること。
これが真っ先に行う、人としての行動だと私は感じる。

 

細かい施策について、批判や言いたいことはあるだろうけど、
まずは労いの言葉が先。
(どっかの国会議員は労っておきながら、批判発言あったり、
マスコミはお疲れ様など一切労いの言葉すらないけど、根本的に意味が違う)

日本の歴代総理で、一番長く在任した総理として今後も歴史に残るであろう。

 

ましてや、見えない敵である新型コロナウイルスに対して、あらゆる施策を行った。
「その当時において」いうなら「最善の選択」だったでしょう。

個人的には新型コロナ当初「スタートが遅い」と言ったが、
あらゆる情報を集めた結果、最善だったと感じている。

各施策について、良かったかどうかは、今後の話題になるだろうけど、
話題にする際は「総理が」ではなく、
「各省庁が相応の動きしたかどうか」で議論するべき。

総理の意向に反して、担当省庁が相応の動きしていないことは数多い。
持続化給付金や家賃支援給付金はその典型的な例。

 

私が一番嫌いなのは「何でもかんでも批判しかしない人」である。
右左や、支持政党は関係ありません。

今回の辞職でもそうだが、
公務についてる時は「総理辞めろ!!」と言いながら、
辞任会見の時は「這ってでも仕事しろ!」「自己管理能力がない!!」など批判する。

 

身近な例で言うなら・・・

上司が社員に「ざけんな!」「できないなら辞めろ!」など
罵声暴言吐いておきながら、
社員が辞めると言ったら「お前はどこ行っても使えない!」と言ってるのと同じ行動。

 

そう言う人たちに言いたい質問は・・・

「もし同じ状況下で、あなたが総理大臣だったらどういう施策を講じますか?」

ということ。

机上の空論ならいくらでも言えるでしょう。
行政の中心となると、あらゆる情報が集まる中での選択を行う。

 

恐らく、批判しかしない人たちは間違いなく言えないでしょう。
国会議員も含み。
そもそも批判しかしない、脳内が新型コロナウイルスに冒されている人たちだから。

 

私ができることは、選挙で投票すること。
国会や地方議員でもないし、政党に属してない。

あらゆる情報をまとめて、最終的に判断することだけである。

 

年内に選挙という可能性はあるでしょう。
そこで一票を投じること。

これに尽きる。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/profile_lp/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
 ■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト