起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

Nikonのミラーレス一眼Z5を実際に使ってみた 〜使用・撮影レポート〜

2020年の8月28日(発売日)に、
サブ機種&動画撮影機材増強として、ミラーレス一眼Nikon Z5を購入した。
伴って、現在はD850と2台体制になった。

 

もちろんだが、
これを購入する前に、もちろん比較検討した。

比較検討したのは、デジタル一眼レフカメラのD780である。

これはD750の後継機種である。

しかしZ5は、フルサイズ撮影で、
D6やD780と同じ画像処理エンジンを使っている。
同時にサブ機種と、動画撮影利用が前提ポイントとなり、
手軽な方を選んだ。

 

これについての具体的なことはこちらの記事(2020.9.7作成)にて。

blog.enjoy-eagle.net

 

 

・・・ということで、
数多いプロカメラマンの前では、私は素人目線になってしまうが、
Z5を実際に使ったレポートを改めてシェアする。

少しでも参考になると幸いである。

 

RAW最大サイズは汎用機種と同レベル!

6016×4016ピクセルが最大サイズとなり、Nikonでは多い画素数である
(RAWサイズでは1枚あたり、およそ25〜30MB)

・「軽量化をフル発揮させる」なら、レンズはZレンズがオススメ!

もし、Z5単品または2台目以降もミラーレス一眼で揃えたいなら、
Zマウントレンズで軽量化を図るとずっと楽である!
ミラーレス一眼本体も、D850と比べ、およそ300gくらい軽く、
実際に持ってるだけでも軽さを感じる。

ただし、
一眼レフとミラーレス一眼の2台持ちの場合は、
Fマウントレンズ+FTZアダプターの方が荷物量がベスト。
(これでも軽量になるが、3センチほどレンズが前に出るので、
スマート感やオシャレ感で言うと微妙なところ)

「純正レンズ+アダプター」という使い方で画質が落ちるということはまずない。
ただし、FTZアダプターとNikon純正以外のレンズに関する性能は、各自でご確認を。

*FTZアダプターとは
デジタル一眼レフ用レンズ(Fマウント)を、
ミラーレス一眼(Zマウント)で使う際に接続するアダプター

 

・液晶ファインダーは激しい動き以外では問題なし!

スムーズに動くことが多いが、
時々追いついていないのかファインダーがカクカクと動きが鈍くなることがある。
とはいえ、激しい動きがない限りは影響低いかと。
あと、液晶ファインダーなど使うのでバッテリーは早いことから、最低2個持っておくと良いかと。(特にライブビューで撮影する人)

 

・通常AFの機能は申し分なし

これはカメラ本体とレンズの性能に依存するが、AFの合焦まで少し遅い印象だった。
(これについては、Fマウントレンズ28-300mmF3.5-5.6を使ったので、本体の影響かどうかは不明)
撮影した写真はこんな感じ。

f:id:enjoy-eagle:20200908104325j:plain
f:id:enjoy-eagle:20200908104328j:plain

(Z5、28-300mm・F5.6撮影・FTZアダプター使用) 

 

・瞳、顔認証AF機能は相当使える!

これが一番気になった機能である。
先日動きの激しいダンスをこの機能使って撮影した結果、
基本問題なく、大外しは少なかった。

この機能使う場合「2人以上の被写体」は近い人にピントを合わせる傾向なのと、
激しい動きのダンスの場合は捕捉率は半々だったので、
ポイントを知った上で使うことが重要。(運動会のリレーなど走る種目は不明)
動きが少ないのは捕捉率は高いと容易に予想できます。

f:id:enjoy-eagle:20200908102018j:plain
f:id:enjoy-eagle:20200908102044j:plain

 

f:id:enjoy-eagle:20200908102109j:plain
f:id:enjoy-eagle:20200908102134j:plain

大きくはこんな感じとなりました!
(Z5、28-300mm・F6.3撮影・FTZアダプター使用)

 

・Z5はボディのみの他、レンズキットも販売している

24-50mmのレンズとセットとなったレンズキットもあるので、
初めての方でもすぐ使える。

 

・メニュー設定で静音(サイレント)撮影が可能!

演奏会などで使える機能だが、メニュー画面からの設定ですぐに対応できる。

 

・SDカードのダブルスロット機能搭載!

Nikonのミラーレス一眼初の搭載機種でSDカード2枚で記憶が可能である。
バックアップ用撮影ができるので、データ欠落というリスクが回避されやすい。
(ミラーレス最高機種のZ7でもスロットは1枚)

 

・フルサイズ機なのに値段がお手軽

本体のみで10万円台中盤〜後半で販売しているので、
フルサイズ機種を初めて使いたい人にはピッタリ!

 

・Webカメラで使いたいなら、USB充電かアダプターは必需

実際に先日zoomでWebカメラとして運用してみた

f:id:enjoy-eagle:20200908103803j:plain

(写真の通り、左にZ5を置いて撮影)

まずは画像モニタ(ファインダー)の動作時間設定を変えてから使うこと。
そうしないと、バッテリーモードの場合はすぐにモニターオフになるのでwebカメラとして機能しない。

*機種カスタムメニュー「C3:パワーオフ時間」内の半押しタイマー設定を「無限」に設定
(この設定は、
D5500、D750、D7100、D7000、D5300、D5200、D5100、D5000、D90、D800、D810、D800E、D850、D600、D610、D700、D4、Df、D4s、D300、D300s、D3、D3s、D3X、D7200、D810A、Nikon 1 V3、D500、D5、D5600、D7500、Z6、Z7、Z50、D780、D6 でも同じ)

また、webカメラ利用の際は、バッテリーでも可能だが持続時間が短いので、
Z5独自機能であるUSB充電(付属品ケーブル使用)か別売アダプタが必須となる。

カメラ写りに関しては申し分なしです!
(部屋のゴチャゴチャ感はご容赦を)

  

大きくはこんな感じでした!

 

【写真について(著作権)】

透かし署名のある、上記ピアノ及びダンス写真は著作物のため転載厳禁

 

【追記】

NikonZ5欲しい方、ACアダプタ欲しい方はこちらでぜひ(笑)

  

Nikon マウントアダプターFTZ Zマウント用 Fマウント用
 

 

 ACアダプタはこちら!
(2つはセットと思ってください!)

Nikon ACアダプター EH-5d

Nikon ACアダプター EH-5d

  • 発売日: 2019/04/19
  • メディア: Camera
 

 

Nikon パワーコネクター EP-5B

Nikon パワーコネクター EP-5B

  • 発売日: 2010/10/29
  • メディア: 付属品
 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/profile_lp/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
 ■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト