起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

低価格で乗ってくる人ほど、お客様の質も低くなる! 相応の対価をいただくという行動を行おう!

サービスの提供価格が低い(無料)ほど、
お客様の質(いわゆる客層)が低くなる!

これは本当のこと!!

 

 そういうケースは提供者側が毅然とやっていない限り、だいたいの場合

・無理な要求
・クレーム(もっというなら、不条理なクレーム)

を生みやすい!
特に、相手が一方的に値切ってきた場合はその確率は激増します!
値切ってきてOKした時点で、
「こいつは言えばなんとかなる」と思われ、相手の方に主導権が渡ることになる。

 

お客様側が水面下で安いものを探している心理が、
そのままあなたのビジネスにもきているというだけです!

 

もちろん、ビジネス立ち上げ初期は実績など伝えるのが少ないので、
致し方ないと思う。
だからといって、安いまま行うのではなく、
最低でも「お客様の声」は用意して情報を発信しよう!

このお客様の声が実績となるから!

 

しかし、
実績がある程度溜まってきたり、機材増強などしたところで、
価格を上げていき、ターゲットや実勢価格など見て金額を決めて良いかと!

私の写真撮影一つにしても、機材はもちろん、出張料から技術作業料までかかる。

 

安くするのは簡単だが、出張料や技術作業料は変わらない。
なので、よくいう「ラチがあかない」という流れになってしまい、
相手は良くても提供者が疲弊するのは本末転倒になるので、
基本相応の撮影代金をいただくのである。

とはいえ、高い撮影代金にすると、相応の責任が伴うので、
そこはうまくコントロールして考えるところである。
満足したサービスができなかったら、その時点でアウトだから。

 

以上

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/profile_lp/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
 ■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト