起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

「事実は一つ、解釈は無数」 〜とあるマラソン大会募集で感じたこと〜

先日、とあるマラソン大会が開催ということで公式に発表があった。

今回の参加費用が26,000円だった。
昨年と比べ、 参加費用がほぼ倍額、定員数は半分である。
(余談だが、これは女性ターゲットのマラソン大会のことです)

 

先日Facebookを見ていると、二つの意見を目にした

「無事開催されるんだ!マンモスうれぴー!!」

「これだったら、近くの山で何度か走ってビール飲んだ方がずっといい!」

という意見。(一部脚色あり)
二人の書き込み読んでいて、こんなに考え方違うんだと感じ、ちょっと面白かった。

 

まず、一つ事実として言えることは

「参加費用が26,000円」「定員数が半分」ということ。

これは主催者が決めたことなので、誰がなんと言おうと変えられない。

 

ここで解釈が生まれるが

「無事開催されるんだ!マンモスうれぴー!!」
「イケメン隊から記念品をいただく」

「これだったら、近くの山で何度か走ってビール飲んだ方がずっといい!」
「参加費高いから別なことした方がいい」

など、解釈が分かれるのである。
もちろん、マラソン自体関心ない人はまた違う解釈が生まれるが、
ここで書くとキリがないので省略。

 

どっちが良いか悪いかという議論ではなく
「人はそれぞれ考え方が異なる」ということ。

背景、事情や価値観などあらゆる要因から「自身の行動を選んでいる」のである。

 

日常生活でも同じで、たとえばスイーツの写真をアップしたとして、
ある人は「美味しそう!!」と感じる人もいれば
違う人は「太るからアップやめて!」と文句言う人もいる。(ちょっと極論です)

 

「違いは違いであって、間違いではない」を常に意識して相手と接することで、
より良いコミュニケーションと同時にかなり人生が変わるんだと感じた。
本人にとって、今持っている情報の中で「最善の選択」をしているはずだから。

私含んで気をつけましょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/profile_lp/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
 ■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト