起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

スタジオジブリの場面写真提供「常識の範囲」って一体??

スタジオジブリでなんと!

作品の場面写真の提供を開始したとのこと!!

サイトはこちらにて

今月から、スタジオジブリ作品の場面写真の提供を開始します - スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

 

ここで注目するべきことは・・・

「常識の範囲でご自由にお使いください」

という表記だけで、特段の注意書きがないこと。

 

素材サイトは一般的に利用規約というのがあって、
規約に基づいての利用は可能だが、それ以外は禁止としている。

 

そんな中「常識の範囲でご自由にお使いください」ということだが・・・

どうしてそういう意図にしたのかは、鈴木敏夫氏が知っているが、
ここでカメラマンの一人として、
あらゆる「インターネット上のケース」について思ったことを。

 

<先にこれだけは唯一言えること>

「著作権放棄」という書き方はしていないところがポイント。

すなわち、著作権は放棄していないので、
やり方次第では訴えますよという裏読みもできる。

 

これを踏まえて考えてみた。 

・写真そのものを販売する行為

写真自体を販売する行為は完全にアウト。
トリミングしようと、加工しようとアウト。

 

・商用サイトの利用

ケースバイケースだが、商用利用することで
あなたのビジネスの売上アップするかというと「意味をなさない」かと。
一貫性がない限り。

 

・アダルトサイト、アングラ系サイトの利用

これは公序風俗の関係からアウトと予想。
「そもそも使う意味があるのか?」という疑問点が残る。

 

・動画のサムネイルや素材

アクセスアップのネタには使えるだろうけど、中身がなかったら低評価が出て終わり。

 

・ブログのサムネイルや素材

動画と同様だが、検索エンジン的にも
独創性評価でマイナス(使う人多数)になることが容易に予想できる。

 

・プライベート的な日記やブログ

これはほとんどの場合セーフだし、何ら影響はない。
ただし、注目度は別である。

 

以上のように予想してみた。
いずれにせよ、どんな素材集も言えることは「脈絡があるかどうか」が重要である。

脈絡がない素材写真は単なるお飾りなだけで、
特にビジネス的で使うのなら間違いなくPR効果ゼロで終わるどころか、
マイナスブランディングになって終わるだけである。

そんなことを思いつつ、ぜひ利用して欲しいと思う。

f:id:enjoy-eagle:20200922094650j:plain

ということで意味なく、かおなしネタで終了とします(笑)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/profile_lp/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
 ■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト