起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみのブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いている辛口ブログとなっております。

ラストチャンス! 文化庁の「文化芸術活動の継続支援事業」第4次申請開始されております!

文化芸術活動しているあなた!
ここで文化庁が行っている「文化芸術活動の継続支援事業」を
申請してみてはいかがでしょうか?

具体的に

・対象の文化芸術活動

音楽、演劇、舞踊、映画・アニメーション、コンピュータその他の電子機器等を利用した芸術、伝統芸能、大衆芸能、美術、写真、生活文化、国民娯楽、舞台スタッフ

 

・対象申請者

文化芸術の公演や制作に関わる個人から法人まで
(個人事業主、フリーランスも可)

 

・補助金額

A-1申請 最大20万円
A-2申請 最大150万円(うち感染症対策分は50万円)

となっております。
2つの申請の違いは、書類提出の量が増えるだけの違いです(笑)
A-1はゆるいけど、A-2は少しハードルが高いかと。

無事に採択された際は、最大50%の前払いも可能となっており、
事業終了後に報告書を提出し、差額分を受けることも可能。
*1〜3次申請でA-1申請をした方もA-2申請可能です。
(ただしA-1申請で受けた金額の差額)

 

・申請の際のポイント

ちょっとややこしいというか、わかりにくい印象があった。
A-1申請で私も3次の時に出したが、書類不備が数回あった。

そんな中、特に「活動実績」がキーだが、
過去に2件以上、対価をいただく活動実績があったら申請可能です。
なお「ボランティアで参加した場合(対価がゼロ)」「展示したが売上ゼロ」は基本カウント外。

(私の場合は写真撮影で文化色を強めるため、最終的には対価を受けている某バンドの撮影と、合唱団撮影の2つで申請し受理された)

 

あと、申請の際は補助対象経費を算定するが、以下のことをやっておくと良いかと。

・A-1申請の場合
補助対象経費はフォーム上で済むケースもあるが、数が多い場合は内訳(明細)書を出すケースがあるので、先にExcelで作っておくと良いかと。
(数が多いor金額が膨大だと、書類不備となり内訳書提出となる場合あり)

・A-2申請の場合
計画書作成と一緒に補助対象経費もExcelで作成必須となる。

 

いずれにせよ、補助対象経費を事前にExcelで用意すると後々ラクになります。
その他書類はフォーム上では2MBまでアップロード可能のため、活動実績など画像やPDFデータはできる範囲で圧縮を。
(新規初回申請のみ、添付ファイル送付可能だが、書類不備以降はフォーム上のみ)

 

上記内容は概要となっているので、
申請の際は以下のページをご覧になって進めましょう!
(申請の際の説明などもございます!)

文化庁令和2年度第2次補正予算事業 文化芸術活動の継続支援事業

 

ちなみに補助を受けた際は5年間書類保管義務が生じるので、
ご注意を…

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/profile_lp/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
 ■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト