起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみのブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いている辛口ブログとなっております。

DIME付録のコンパクト撮影スタジオで実際にスマホ撮影してみた 〜コスパ相応に合格点!〜

DIMEの2・3月合併号の付録が人気あるらしく、
コンパクト撮影スタジオということで、今日買いました。

 

人気があるようで、
コンビニで探すも3軒目でやっとこゲットしました!

帰って早速開封してみました。

f:id:enjoy-eagle:20201228143417j:plain
f:id:enjoy-eagle:20201228143421j:plain

 

そして組み立てて完成したのはこちら!

f:id:enjoy-eagle:20201228143429j:plain
f:id:enjoy-eagle:20201228143447j:plain


シンプルな構造だが、LEDライトもついております!

早速、いくつかスマホで撮影してみました!
(全部、iPhone11Pro撮影)

f:id:enjoy-eagle:20201228143425j:plain
f:id:enjoy-eagle:20201228143433j:plain

小物系は当然だが問題なしである。
カメラのレンズも小さいのは問題なかった。
(強いて言うなら光の回り方が気になるところ)
しかし、大型レンズ系は当然このスタジオの高さオーバーだったので撮影不可に。

 

次にちょっと大きいものを撮影しました。(私のデジタル一眼レスをモデルに)

f:id:enjoy-eagle:20201228143438j:plain
f:id:enjoy-eagle:20201228143443j:plain

ミラーレスは小さいこともあり、問題なく撮影できたものの、
D850は大きいため、撮影に難ありでここまで撮影するのに苦戦した。
(よく見ると左端が背景シートに完全に埋まりきれなかった)

 

ざっと撮影した結果を出したが、以下のことに気をつけたら問題ないかと。

・背景シートや高さのことを考えたら「幅」「高さ」「奥行」それぞれが16cmまでが許容範囲

理由は、背景シートは19.5cm幅だったのと、
高さやライティング効果を考えると、これ以上になると写真映えしにくい印象。
(*一眼&ストロボ使うんなら別)

 

・被写体がアクセサリー小物類なら、これで十分使える!

背景布が2種類(白・黒)なので、これだけあったら手軽にすぐできます。

 

・ライティング調整はない(オンオフのみで調光機能は当然なし)

これはしょうがないが、雑誌付録なのでやむなし。
こだわりたいなら、真っ当に買った方がずっと良い。

 

・壊れても保証はない

雑誌付録にそれを言う自体愚の骨頂(笑)
壊れたら燃えないゴミに捨てましょう。

 

<結果>

簡易的に使うにはこれで十分使えるのと、
DIME自体990円なので、コストパフォーマンス的に十分に合格点です!

気になった方は、コンビニまたは書店で探してみましょう!

 

もしDIMEが「売り切れた!」というあなたは、こちらの同等品でぜひ。
どちらも1000円ちょっとの手軽な金額で売っております。

  

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/profile_lp/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
 ■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/yoshida_proflab

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト