起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみのブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いている辛口ブログとなっております。

あなたの信用状態が丸見えになるクラウドファンディングは、慎重に考えるべきである!

クラウドファンディングは、個人レベルでは安易に選択するべきではない!

 

特に昨年、クラウドファンディングでお金を集めている人が多かった。
その分、敷居が低くなっているのは間違いない。

しかし、この選択肢はあなたの信用を差し出す行為なので、
慎重に選んだほうがいいかと!

 

クラウドファンディングの大前提は、リターンを履行すること。
これができないのは、初めからやらないほうがいいのは言うまでもない。

もう一つは、あなたの信用度が目に見えてしまうことである!
普段の接し方など含み、人間性、人格などがお金の集まり方で見えてしまう。
ここで集まり方次第では、目に見えて信用度の低さをアピールしてしまい、
最後は自らの夢自体諦めてしまうケースも起こる。

ある意味、バクチのようなものだと捉えている。

 

もちろん、
著名人、著名な企業や法人が行うのは99%問題ないであろう。
相応の資金力もあることが十分予想されるから。
むしろ、リターン実行されなかったら、
即座にネット上で炎上し信用が落ちるのは容易に想像できるし、
詐欺師呼まわりされるから。

 

個人、無名の企業や法人の場合、
「周りの信用おける知人友人、スポンサーなど資金提供できる環境が
”明らか”に整っている場合以外はやらない方がいい!」
これは言葉そのままで捉えてほしい。

そして仮に行うなら、プロジェクト実行できる最低ラインでの
自己資金含め必要資金(使途)を正確に計算し、明示すること。
(クラウドファンディングのプラットフォーム利用料も計算対象です!)
そうしないと、運良く成功しても資金枯渇でリターン実行ができなくなるか、
持ち出しが増大し、赤字プロジェクトになってしまう。

最低ラインが計算できたら、目標金額が自然と決まるはずである!

 

私は元からクラウドファンディングを立ち上げる気はない。
(そもそもネタがないというか必要性がない)

しかし、行うことによるメリット、デメリットは知っている。
むしろ、格好良いこと書いておきながら、どこまで私の信用があるのか?
これについては、構築中でありまだまだの段階である。

信用は小さい積み上げなのは承知の上である。

 

逆に私がクラウドファンディングに関して、
本当に出資したのは1件のみ(屋形船のプロジェクト)である。
出資に至るまでは相当な期間を費やし、
実際一度利用した後、最終的に出資したとという流れである。
結果、プロジェクト成功し、予定通りリターンが届いた。

それ以外で多くのクラウドファンディングの協力があったが、
Facebook上でのシェアしたのがわずか少数。
ほとんどはシェアすらしなかった。

プロジェクトの実行ができるのかどうか?
未実行のリスク管理は?
内容が本当に利他的なのか?
本人の熱意など…

あらゆる面で考えた結果である。
Facebookでシェアしたのは、信用できるラインをクリアした方のみである。

良くも悪くも、
過去悪質商法に引っかかった経験がここで活かされていると思う。

 

クラウドファンディングを行うのは、もちろんあなたの選択であるが、
行う際は慎重に考え、見込みがある場合のみ行うのが良いでしょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

記事をお読みいただきありがとうございました!

ほぼ毎日更新しているはてなブログ
今後も読みたい方は下の「読者になる」ボタンを押してください!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/profile_lp/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
 ■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト