起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみのブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いている辛口ブログとなっております。

メルカリの値引交渉に不快感を感じているあなたへ 〜あなたのできる3つの方法〜

3つある中で、最上位の手段は「ブロックする」の一択です!

 

メルカリの利用者が多い中、よくあるのは「値引交渉」である。
そもそもメルカリは、フリーマーケットの位置付けだから、
これ自体は避けられない。
リアルの場でのフリーマーケットでも値引交渉をやっていることが多いから。

とはいえ、実際には不快と感じる人が一定数いるのは事実である。

商品説明文に「値引不可」と書いても、
日本語の読めない日本人は無視してくるので、手段として有効だけど、
効果は限定的である。

ヤフオクだと、基本入札により値段を吊り上げていく方式だけど、
メルカリは、ほぼ真逆(提示額かそれ以下)である。

 

ということで、値引交渉に対抗するいくつかの方法を。

 

・初期設定時に高く値段設定する

たとえば「100円で売れたらいい」という商品があったら、
あえて「200円と高く設定」しておく。
そうすることで、値下交渉があっても対応の幅が広がるので、
実ダメージがゼロになる可能性も。
ただし、このやり方だが、
事前に通常販売価格と買取相場を調べておくことを勧める。
また、高く設定するので、
すぐに売れるかどうかは出品者のセンスにかかってくる。

 

・無視する

交渉来ても、断るか一切無返答。
(往生際悪くきても「できません」の一点張り)

 

・ブロックする

ほとんどの場合、上記の二択で十分。

それでおしぶとく、
そもそも価格交渉自体不快だし、うっせーわ!と感じるなら、
最上位の手段として、迷わず「ブロックする」が一番である。

このタイミングに関して、
交渉来た時点でブロックしてもいいし、タイミングはご自由に。

 

あなたがどういう方法で行うかは自由だが、
出品者側が工夫するだけで、
購入する側の層が変わっていくので、ぜひやってみて欲しい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

記事をお読みいただきありがとうございました!

ほぼ毎日更新しているはてなブログ
今後も読みたい方は下の「読者になる」ボタンを押してください!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/profile_lp/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
 ■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト