起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみのブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いている辛口ブログとなっております。

「頂点を目指す」のは大切だが、「どこの頂点」なのかはあなたが選択できる!

「頂点を目指せ」と
成功哲学的や自己啓発セミナーの目標設定にてよく言われる。

しかし、もっと大切なことがある!

「どこの頂点を目指すのかは、あなたの自由であり選択である。」

これテストに出るくらい重要です!!

 

この話を山に例えるなら、たとえば山の頂点でも数多い。
「どこの山の頂点を目指すのか?」が重要である。

・東京の高尾山や北海道の白雲山(=自宅近くの低い山)の頂点なのか?
・富士山の頂点なのか?
・エベレストの頂点なのか?

これはあなたが選ぶことができるし、どれを選ぶかは自由。

スポーツの世界でいうなら幅広い

・市区町村での頂点
・都道府県での頂点
・日本一
・世界一

と選ぶことができる。

 

共通して言えることは、目指す頂点によって準備するものが異なる。
山で言うなら、
富士山とエベレスト行く際の荷物は一緒にできない。

そもそも
水着、ビーチサンダルなどの軽装でエベレスト行く人は、
まずいない(むしろ非現実的だし、100%遭難決定コース)

また装備も
念には念を入れて装備するか、効率面重視するのかで装備の量が変わる。

 

もう一つは、その頂点に対し、
あなたが「どれだけ感情が伴って、心からYES!と言えるか?」

感情が伴わないのは間違いなく登れないし、
心からYES!と言えないのも、間違いなく頂点に登れないので、
現状から、軌道修正や目標値を下げることを考える必要がある。

そもそも、
あなたが苦しんでまで高いところ目指す必要はない。
楽しく動いている状態が、一番の状態だから。

 

場合によっては「途中下山」も選択肢として用意するのも大切。 
「途中下山」は挑戦した結果だから、何も問題ない。

もっとも最悪なのは「遭難」である。
「遭難」でも生きる術を持っているなら別だけど、
持ってないなら早めに見切る力も必要。
また遭難したら、二度と戻れない可能性が高い。

 

そうなる前に「途中下山」すれば、
同じ山に再挑戦するか、低い山に行くかを選べる。
どっちの再挑戦にしても、前回の行動から改善が組めるはずである。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

記事をお読みいただきありがとうございました!

ほぼ毎日更新しているはてなブログ
今後も読みたい方は下の「読者になる」ボタンを押してください!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/profile_lp/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/yoshida_proflab/

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト